1 嫡出推定・誤作動|認知
2 嫡出推定・誤作動×認知の可否|例外=推定が及ばない
3 嫡出推定・誤作動×認知の可否|推定が及ばない|結論

1 嫡出推定・誤作動|認知

嫡出推定が『誤作動』を生じることがあります。
この場合『真実の父』から認知することに支障が出てきます。
問題点の基本的事項をまとめます。

<嫡出推定・誤作動×認知|基本>

あ 原則

認知はできない

い 解決策

嫡出否認により『嫡出』を解消した場合
→その後は認知できる
※福岡高裁昭和26年11月29日

う 例外

一定の特殊事情がある場合
→嫡出否認の手続をしないで『認知』を実現する方法がある(後記)

2 嫡出推定・誤作動×認知の可否|例外=推定が及ばない

『誤作動』の場合に『認知』はできないのが原則です(前述)。
これについて,解釈によって例外的な扱いがされることもあります。
『推定が及ばない』と呼ばれるものです。
まずは『推定が及ばない』という事情についてまとめます。

<嫡出推定・誤作動×認知の可否|例外=推定が及ばない>

あ 前提事情

ア 嫡出推定・誤作動
他人の『嫡出推定』に該当する
=他人の『嫡出子』に該当する
イ 『及ばない』特殊事情
現実には『夫婦間に性的関係を持つ機会がなかった』ことが明らかである
→いわゆる『推定が及ばない』状態となる
(別記事『親子関係・手続・分類』;リンクは末尾に表示)

3 嫡出推定・誤作動×認知の可否|推定が及ばない|結論

嫡出推定が『及ばない』に該当する場合の結論をまとめます。

<嫡出推定・誤作動×認知の可否|推定が及ばない|結論>

あ 強制認知

認知請求の調停・訴訟を申し立てられる
嫡出否認の手続は不要である
※最高裁昭和44年5月29日

い 任意認知

役所は実質審査権を有しない
→認知届の提出はできない
※昭和24年10月7日民事甲2286号民事局長回答
※島津一郎ほか『新判例コンメンタール民法13』三省堂p67

う 親子関係不存在確認→認知

出生届を提出していない状態において
親子関係不存在確認の裁判が確定した場合
→母は『非嫡出子』として出生届を提出できる
→その後に『真実の父』は任意認知ができる
※昭和40年9月22日民事甲2834号民事局長回答
※加藤令造ほか『新版戸籍法逐条解説 全訂版』日本加除出版p323