1 嫡出推定・誤作動|基本
2 嫡出推定・誤作動|行政・家裁の扱い
3 嫡出推定・誤作動|出生届|概要
4 嫡出推定・誤作動×認知の可否
5 嫡出推定・誤作動→解消|家裁の手続
6 嫡出推定・誤作動×DNA鑑定|判例
7 嫡出推定×『受ける』『及ぶ』|用語整理

1 嫡出推定・誤作動|基本

嫡出推定が『誤作動』を生じることがあります。
まずは『誤作動』の基本的事項をまとめます。

<嫡出推定・誤作動|基本>

あ 誤作動|発現条件

次のいずれにも該当する
ア 嫡出推定に該当する
形式的には『夫』と『子』が『嫡出推定』に該当する
イ 血縁関係なし
『夫』と『子』には血縁上の親子関係はない

い 法的扱い|基本

『夫』と『子』が『嫡出推定』に該当する
=『夫』の『嫡出子』として扱われる

2 嫡出推定・誤作動|行政・家裁の扱い

『誤作動』による行政・家裁の扱いをまとめます。

<嫡出推定・誤作動|行政・家裁の扱い>

あ 公的扱い|基本

役所では『嫡出推定』を形式的に適用する
→原則的に『推定に反する』扱いはできない
(別記事『嫡出子・嫡出推定|基本』;リンクは末尾に表示)

い 行政の扱い

市区町村役場での『出生届』『認知届』の扱いのことである(後記)

う 家裁の扱い

申立ができる手続の種類の分類のことである(後記)

3 嫡出推定・誤作動|出生届|概要

嫡出推定の誤作動により出生届の扱いが複雑になります。
まずは出生届の扱いの概要をまとめます。

<嫡出推定・誤作動|出生届|概要>

あ 原則

『夫』を『父』として扱う
(別記事『嫡出推定・誤作動・出生届』;リンクは末尾に表示)

い 例外

特殊事情による例外的扱いもある
(別記事『懐胎時期に関する証明書』;リンクは末尾に表示)

それぞれの詳しい内容はそれぞれ別に説明しています。

4 嫡出推定・誤作動×認知の可否

嫡出推定の誤作動により『認知できるかどうか』に影響を与えます。
これについては別に説明しています。
(別記事『嫡出推定・誤作動×認知の可否』;リンクは末尾に表示)

5 嫡出推定・誤作動→解消|家裁の手続

嫡出否認の誤作動を解消する原則的方法をまとめます。

<嫡出推定・誤作動→解消|家裁の手続>

あ 誤作動の解消|基本

嫡出推定の誤作動がある場合
→解消するには原則的に家裁の手続が必要である

い 家裁の手続

次の3種類について『調停・訴訟』がある
ア 嫡出否認
イ 親子関係不存在確認
ウ 認知請求

手続の種類の分類については別に説明しています。
(別記事『親子関係・手続|分類』;リンクは末尾に表示)

6 嫡出推定・誤作動×DNA鑑定|判例

嫡出推定の誤作動があると家裁の手続が必要となります(前記)。
現在はDNA鑑定により『血縁関係』の確実な判定が可能です。
そこで『推定の適用除外』をすべきという考えもあります。
これに関して最近の最高裁で判断が示されました。

<嫡出推定・誤作動×DNA鑑定|判例>

あ 争点|実質面

『嫡出推定の適用の有無』により『申立期間制限の有無』が変わる
仮に『期間制限あり』だとすると『期限切れ』となってしまう

い 裁判所の判断|概要

DNA鑑定で明確に生物学上の父子関係が否定された場合
→嫡出否認の申立期間制限について『推定が及ばない』には該当しない
=嫡出否認の申立期間制限が適用される
※最高裁平成26年7月17日
(別記事『嫡出否認・申立期間制限』;リンクは末尾に表示)

このように『嫡出推定の適用』は『科学的判断』とはイコールではないのです。
あくまでも法律上の解釈・判断である,ということなのです。

7 嫡出推定×『受ける』『及ぶ』|用語整理

以上の説明で嫡出推定が『及ぶ/及ばない』という用語を使いました。
この点『推定を受ける/受けない』という用語もあります。
日本語としては同じ意味だと捉えてしまいます。
しかし,実務的な用語としては別の意味です。
間違えやすいので,ここにまとめておきます。

<嫡出推定×『受ける』『及ぶ』|用語整理>

ネーミング 嫡出推定に該当する/しない 真実
推定を『受けない』 形式的に該当しない 『夫』と『子』の血縁関係はある
推定が『及ばない』 形式的に該当する 『夫』と『子』の血縁関係はない

推定を『受けない』というテーマについては別に説明しています。
(別記事『嫡出推定を『受けない』』;リンクは末尾に表示)