1 強制認知|趣旨|協力しない『父』への対応
2 強制認知|手続|全体|分類・調停前置
3 強制認知|調停・審判|内容|協議・調停・不成立
4 強制認知|訴訟|内容=審理・判決・和解

1 強制認知|趣旨|協力しない『父』への対応

本記事では『強制認知』について説明します。
まずは『強制認知』の制度の趣旨をまとめます。

<強制認知|趣旨>

あ 任意認知|問題点

任意認知は『父』が届出を行わないと実現しない
(別記事『認知・基本』;リンクは末尾に表示)

い 強制認知|概要

子・母のサイドから『認知請求』をすることができる
家裁の手続により『父が同意しなくても』実現できる
※民法787条

2 強制認知|手続|全体|分類・調停前置

強制認知は家裁の手続として行われます。
家裁の手続に関する分類と調停前置の制度を説明します。

<強制認知|手続|全体>

あ 手続・分類

『訴訟対象事件−特殊調停対象事件』に分類されている
詳しくはこちら|家事事件|手続|種類・基本|別表第1/2事件・一般/特殊調停対象事件

い 調停前置

まずは『家事調停』を家庭裁判所に申し立てる
調停不成立となった場合は『訴訟提起』ができる(後記)
詳しくはこちら|調停前置|基本|趣旨・不服申立

3 強制認知|調停・審判|内容|協議・調停・不成立

強制認知の『調停・審判』の内容についてまとめます。

<強制認知|調停・審判|内容>

あ 協議・調査

調停において『子であること』の同意に至った場合
→裁判所が事実の確認を行う
→『審判』が成立する
詳しくはこちら|親子関係|調査・立証の内容|原則=DNA鑑定|『夫』の協力なし×工夫

い 調停不成立

調停において合意に至らなかった場合
→調停不成立となり手続は終了する
自動的に『審判移行』にはならない
当事者は『訴訟提起』ができるようになる

4 強制認知|訴訟|内容=審理・判決・和解

強制認知の訴訟の内容をまとめます。

<強制認知|訴訟|内容>

あ 審理

裁判所は『親子関係』の認定を行う

い 判決or和解

『判決』を言い渡す
和解成立に至って終了することもある

う 『不成立』はない

被告が応じない・協力しなくても手続は停滞しない
強制的なDNA鑑定実施などにより判決に至る
この点は調停と異なる