1 不貞男性×慰謝料|同棲→解消→同棲→500万円
2 不貞男性×慰謝料|外泊2回で夫婦破綻→200万円
3 不貞男性×慰謝料|双方に責任あり→150万円
4 不貞男性×慰謝料|すでに破綻気味→100万円
5 不貞女性×慰謝料|不貞関係20年→300万円
6 不貞女性×慰謝料|定番・職場内不倫→200万円
7 不貞女性×慰謝料|同棲+離婚の危機→150万円
8 不貞女性×慰謝料|夫婦の同居は維持→100万円
9 不貞女性×慰謝料|職場の部下女性+夫婦修復→50万円

『不貞相手=婚外異性』に対する慰謝料請求の判例をまとめます。
理論や実務的な説明は別記事に掲載しております(リンクは末尾に表示)。

1 不貞男性×慰謝料|同棲→解消→同棲→500万円

<不貞男性×慰謝料|同棲→解消→同棲→500万円>

あ 慰謝料額
請求額 認容額
500万円 500万円
い 事案概要

不貞行為=妻と婚外男性
一時同棲していた→解消→再度同棲開始
妊娠もあった
不貞男性が勤務先に不倫を告知した
※浦和地裁昭和60年12月25日

請求額を上げておけば500万円よりも上の金額が認容された可能性があります。
弁護士の訴額設定が妥当ではなかったと思われます。
他の後記事例では『マージン』が取られています。
つまり,いずれも認容額よりも大幅に大きい請求額が設定されています。
この背景には,この『処分権主義による上限』による『抑制現象』を回避する目的もあるのです。
(別記事『付随的責任論』;リンクは末尾に表示)

2 不貞男性×慰謝料|外泊2回で夫婦破綻→200万円

<不貞男性×慰謝料|外泊2回で夫婦破綻→200万円>

あ 慰謝料額
請求額 認容額
700万円 200万円
い 事案概要

不貞行為=妻と婚外男性
外泊を伴う不貞行為が2回あった
夫婦関係は破綻し,修復の目処が立っていない

う 法解釈論

『制限説』を採用した
(別記事『理論』;リンクは末尾に表示)
※東京高裁昭和60年11月20日

3 不貞男性×慰謝料|双方に責任あり→150万円

<不貞男性×慰謝料|双方に責任あり→150万円>

あ 慰謝料額
請求額 認容額
1000万円 150万円
い 事案概要

不貞行為=妻と婚外男性
不貞期間が長期であった
不貞開始前は破綻していなかった
→不貞開始後に破綻した
妻の責任も大きかった
※東京地裁平成10年5月29日

4 不貞男性×慰謝料|すでに破綻気味→100万円

<不貞男性×慰謝料|すでに破綻気味→100万円>

あ 慰謝料額
請求額 認容額
800万円+弁護士費用147万円 100万円+弁護士費用10万円
い 事案概要

不貞行為=妻と婚外男性
妻はスナック勤務であった
妻が積極的であった
不貞は『夫婦同然の暮らし』に至っていた
妻は夫への不満を持っていた
※東京地裁平成10年7月31日

5 不貞女性×慰謝料|不貞関係20年→300万円

<不貞女性×慰謝料|不貞関係20年→300万円>

あ 慰謝料額
請求額 認容額
1200万円 300万円
い 事案概要

不貞行為=夫と婚外女性
公立学校の教員同士の不貞
関係期間が約20年であった
※大阪地裁平成11年3月31日

6 不貞女性×慰謝料|定番・職場内不倫→200万円

<不貞女性×慰謝料|定番・職場内不倫→200万円>

あ 慰謝料額
請求額 認容額
2000万円+弁護士費用200万円 200万円+弁護士費用20万円
い 事案概要

不貞行為=夫と婚外女性
不貞行為者は職場の同僚同士であった
不貞の2人は『再婚した夫婦』のようにふるまっていた
※東京高裁平成10年12月21日

7 不貞女性×慰謝料|同棲+離婚の危機→150万円

<不貞女性×慰謝料|同棲+離婚の危機→150万円>

あ 慰謝料額
請求額 認容額
1000万円 150万円
い 事案概要

不貞行為=夫と婚外女性
不貞関係の2人は同棲している
夫婦は離婚の危機に瀕している
※横浜地裁昭和61年12月25日

8 不貞女性×慰謝料|夫婦の同居は維持→100万円

<不貞女性×慰謝料|夫婦の同居は維持→100万円>

あ 慰謝料額
請求額 認容額
1000万円 100万円
い 事案概要

不貞行為=夫と婚外女性
情交関係は2年以上継続していた
夫婦の同居は維持されていた
※名古屋地裁平成3年8月9日

9 不貞女性×慰謝料|職場の部下女性+夫婦修復→50万円

<不貞女性×慰謝料|職場の部下女性+夫婦修復→50万円>

あ 慰謝料額
請求額 認容額
500万円 50万円
い 事案概要

不貞行為=夫と婚外女性
夫=上司,不貞女性=部下という関係であった
提訴後,夫婦関係は修復した
※東京地裁平成4年12月10日