1 既婚者の男女交際|スポット治外法権|事例
2 既婚者の男女交際×金銭|判例理論・小悪魔戦術
3 既婚者の男女交際×金銭|大悪魔戦術|ウソの資金使途
4 既婚者の男女交際×金銭|大悪魔戦術|法人間の貸与
5 男女交際×慰謝料→不法原因給付類推適用|不倫ビジネスの助長

<注意>

法律上の解釈論は『合理性』を求めます。
しかし結果的に『不合理』にみえる,不思議な現象もあります。
本記事では男女交際に関する『不合理・不思議』な解釈論を説明します。
ただし,悪用や理不尽な行為を推奨するものではありません。

1 既婚者の男女交際|スポット治外法権|事例

男女交際の『違法』から『スポット治外法権』が生じます(前述)。
そして『スポット治外法権』から生じる事象の典型的・基本的事例をまとめます。

<既婚者の男女交際|スポット治外法権|事例>

あ 『既婚』ステータス×交際→不貞

A=既婚男性
B=未婚女性
AとBは交際している
→『不貞』に該当する

い 資金援助

Bが店舗をオープンするのでその資金が必要だった
AがBにお金を貸した

う 不仲→交際解消

その後,AとBの関係は悪化した
交際は解消された

え 返還請求

支払期限になったので,AはBに返還を求めた

お 法的な判断

『不貞』関係者間の金銭の貸し借りである
→不法原因給付に該当する
→返還請求は認められない
※民法703条,708条

このような具体例で考えると『もらいっぱなし』となった状態に違和感もあります。
『結婚制度に反するもので社会通念に反する』という価値観が根底にあるのです。
結婚制度は拘束力が非常に強いことが現れる場面の1つです。
関連コンテンツ|結婚制度の不合理性|婚費地獄・結婚債権・苗字|裁判所は婚外子促進方針
この現象が『小悪魔』を誕生させるのです。

2 既婚者の男女交際×金銭|判例理論・小悪魔戦術

以上の判例理論を戦術として具体化させた『小悪魔戦術』をまとめます。

<既婚者の男女交際×金銭|判例理論・小悪魔戦術>

あ 戦術内容

恋愛市場において既婚男性のみをターゲットにする
交際の対価の先払いを求める
高額,高価なプレゼントを要求する
形式的に『借入金』として『借用書』の調印も行う(要求された場合)
実際には交際(性交渉)は拒む
※性交渉を受け入れる方法もあるが,正妻からの慰謝料請求リスクを負う

い 効果

仮に相手に返還請求を主張されたとしても裁判所は認めない
→受領した金銭・品物を返還する必要がなくなる

なお,恋愛市場における『小悪魔戦術』という定義とは多少異なります。
ここでは『法律的な小悪魔』というニュアンスで用いています。

3 既婚者の男女交際×金銭|大悪魔戦術|ウソの資金使途

利益を得られるスキームを知ると,模倣→エスカレートさせたくなる衝動が生じます。
舌切雀・こぶとりじいさん・のび太の薬過剰摂取(秘密道具)など,普遍的な現象でしょう。
法律的な小悪魔戦術をエスカレートさせ,許容範囲を逸脱したケースを紹介します。

<既婚者の男女交際×金銭|大悪魔戦術>

あ 戦術内容

基本設定部分は上記と同様
女性が男性に資金援助を要請する際の説明
→『資金の使途』についてウソを言っていた
=騙していた

い 裁判所の判断

男女双方が『不法(違法)』である
→中間を取る
=形式的な貸付金の『半額だけ』の返還請求を認めた
※大阪地裁平成24年4月24日

4 既婚者の男女交際×金銭|大悪魔戦術|法人間の貸与

婚外交際の男女間での金銭貸与において特殊事情があったケースを紹介します。

<既婚者の男女交際×金銭|大悪魔戦術|法人間の貸与>

あ 戦術内容

基本設定部分は上記と同様
男性が女性に金銭を貸し付ける際の具体的方法
→男性・女性ともに各自が経営する法人を通した
=形式として『法人間の貸し借り』にした

い 裁判所の判断

男女交際と金銭の貸与との関連が希薄である
→公序良俗に反しない
→全額の返還請求を認めた
※東京地裁平成22年12月20日

この事例は『ビジネス色の強い金銭の貸し借り』と言えましょう。
それなのに女性は『私との性的関係が目的だった→返さなくてよい』と主張したのです。
法廷戦術の方が『大悪魔戦術』と呼ぶにふさわしいものです。

5 男女交際×慰謝料→不法原因給付類推適用|不倫ビジネスの助長

男女交際は,終わり方によっては法的責任=慰謝料が発生します。
この点『既婚者の交際』である場合は特殊な扱いとなります。
概要をまとめます。

<既婚者の男女交際×慰謝料|概要>

あ 具体例

既婚男性Aが婚外女性Bと性交渉を持った
A・Bは『Aが既婚であること』を知っていた
Aが一方的に交際を終了させた

い 婚外女性からの慰謝料請求

ア 原則
BからAに対する慰謝料は認められない
イ 例外
事情によっては慰謝料請求が認められることもある

う 正妻からの慰謝料請求

正妻から婚外女性への慰謝料請求が認められる

婚外女性は『不貞行為』の加害者の1人です。
『正妻』から慰謝料請求を受ける立場です。
このような背景から慰謝料を『請求する』ことは否定されるのが原則です。
ただし例外を認める判例もあります。
このような慰謝料についての解釈論は別に説明しています。
(別記事『既婚者の男女交際×慰謝料|理論』;リンクは末尾に表示)
また,このようなケースでの判例は別にまとめてあります。
(別記事『既婚者の男女交際×慰謝料|判例』;リンクは末尾に表示)
なお,実際には『女性は交際相手のことを既婚者と知らなかった→被害者になる』ケースもあります。
これについては別記事で詳しく説明しています。
詳しくはこちら|既婚を隠した交際・恋愛は慰謝料が認められやすい|恋愛市場の公正取引