1 『氏』の変更|戸籍法の規定
2 『氏』の変更|『やむを得ない事由』|基準概要
3 珍奇・難解・難読→苗字変更許可基準
4 同姓同名→混同|苗字変更許可基準
5 苗字変更が許可されない|典型例

本記事では『氏』つまり苗字の変更の手続について説明します。

1 『氏』の変更|戸籍法の規定

『氏』変更手続に関する戸籍法の規定をまとめます。

<『氏』=苗字の変更|戸籍法>

『やむを得ない事由』→家裁の許可
※戸籍法107条1項

2 『氏』の変更|『やむを得ない事由』|基準概要

『氏』の変更が許可される『やむを得ない事由』の基本的解釈をまとめます。

<『やむを得ない事由』|基準概要>

あ 基準概要

次のいずれにも該当する
ア 当人にとつて社会生活上『氏』を変更を真に必要とする事情がある
イ その事情が社会的客観的にみても是認されるものである

い 典型例

ア 珍奇・難解・難読
イ 同姓同名→混同
※大阪高裁昭和59年7月12日

次に『典型例』の事情別に判例の基準を説明します。

3 珍奇・難解・難読→苗字変更許可基準

苗字の変更許可のうち『珍奇・難解・難読』を理由とする場合の判断基準をまとめます。

<珍奇・難解・難読×『氏』変更>

あ 『氏』の変更が許可される場合

社会の通常人が一見して難読、難書であると感ずる程度に顕著である
→社会生活上著しい困惑と不便を与える

い 『珍奇』の判断基準

社会の通常人が奇異と感ずるか否かを基準として客観的に判断する
個人の主観を基準としない

う 『氏』の変更が許可されない例

ア 単にその氏に使用される文字が当用漢字に含まれていない
イ 時に誤りを生ずることがある
※名古屋高裁昭和44年10月8日

4 同姓同名→混同|苗字変更許可基準

同じ名前で紛らわしいことを理由とする苗字の変更の判断基準をまとめます。

<同姓同名→混同×『氏』変更>

同姓同名者がいるため混同される
→社会生活上著しい支障がある場合
→『氏』の変更が許可される
※大阪高裁昭和59年7月12日

5 苗字変更が許可されない|典型例

苗字の変更が認められない典型例もあります。

<『氏』の変更が許可されない典型例>

ア 廃絶家の『氏』を復活する目的
イ 祖先の『氏』に復する目的
※大阪高裁昭和59年7月12日

苗字の変更については,具体的なケースの判例が多くあります。
これは別記事で説明しています(リンクは末尾に表示)。