1 離婚の慰謝料の相場
2 不倫の慰謝料の相場
3 不倫の慰謝料の実戦での攻防
4 不倫の発覚による付随問題

<不倫や離婚の慰謝料を請求したい/請求された>

不倫が行われた場合,当事者は2人とも,慰謝料を払う責任が生じます。
不倫相手の慰謝料相場は200〜300万円程度です。
配偶者(夫や妻)の責任も同様ですが,結果的に離婚に至った場合は,離婚の慰謝料となるので,200〜500万円程度が相場となります。
ただし,実際には,もともとの夫婦の状態が悪化・破綻していたかどうか,被害者側に要因があったか,また,不倫の経緯によって大きく違ってきます。
みずほ中央法律事務所では,不倫の慰謝料請求に関する交渉や訴訟を多く扱っています。
詳しくは次に説明しています。

1 離婚の慰謝料の相場

代表弁護士三平聡史離婚の要因が一方のみにあるという場合は,慰謝料が認められます。
平均的な相場は200〜500万円程度です。
しかし,当然ですが,一方のみが悪いとは限りません。
どちらにどの程度要因(原因)があるのか,ということは曖昧です。
訴訟では,ちょっとした主張や証拠の状況で100万円単位で判断が違ってきます。
この点,相場を鵜呑みにしてしまう弁護士も多いです。
みずほ中央法律事務所では,むしろ例外的な金額を勝ち取ったり,また抑止したりした実績・ノウハウが多くあります。
さらに,慰謝料としてではなく財産分与として上乗せする主張テクニックもあります。
とにかく,有利な事情のピックアップと証拠の選択のデキ次第で結果が大きく違ってくるのです。
詳しくはこちら|離婚の慰謝料相場は200〜500万円,事情によってはもっと高額化
詳しくはこちら|慰謝料的財産分与;清算的財産分与との区別

2 不倫の慰謝料の相場

不倫(不貞行為)については,夫婦間の問題であると同時に夫婦外の『不倫相手』も慰謝料の責任を負います。
不倫の慰謝料の相場は,平均的に200〜300万円です。
この金額が上がる事情下がる事情というものは決まっています。
さらに最近は,責任の解釈として責任を低く考える説などもあります。
細かい事情や,最近の傾向,解釈論を的確・効果的に行うことで,結果は大きく違ってきます。
詳しくはこちら|不貞相手の慰謝料|相場=200〜300万円|減額要素

3 不倫の慰謝料の実戦での攻防

実際に,不倫の慰謝料についての交渉や訴訟で行なわれる主張・立証はとても広い範囲に拡がります。
特に複雑になるのが,不倫相手配偶者の関係です。
不倫のせいで離婚したフリをされるとか夫婦でカゲで口裏を合わせるなどです。
このようなことをされた場合の効果的な訴訟上の対策もあります。
請求する側は,請求するタイミング,順序で結果に影響が生じることもあります。
また,請求された側がお金を持っておらず,破産するということもあります。
この場合でも,請求できなくなるとは限りません。
とにかく,非常に高度な手法,理論が多いので,完全に使いこなせない弁護士が多いです。
詳しくはこちら|不貞相手の慰謝料|理論|責任制限説|破綻後・既婚と知らない→責任なし
詳しくはこちら|不貞の慰謝料|実務的攻防|関係回復誘引・権利濫用・訴訟告知・冤罪サスペンス
詳しくはこちら|不貞の慰謝料|不真正連帯債務|請求するタイミング|同時/時間差方式
詳しくはこちら|不貞行為の慰謝料は破産で免責される傾向にあるが,例外もある

4 不倫の発覚による付随問題

実際の不倫が発覚したケースでは,被害者当事者が感情的になり,過剰な行動に出ることがあります。
職場などで言いふらすとか,家族にバラすというものが多いです。
こうなると,被害者であった者が,新たな加害者となり慰謝料を払う側になることもあります。
名誉毀損罪・侮辱罪という刑事的な問題にもつながります。
状況によっては,職場での秩序を乱したことにより,懲戒処分がなされることもあります。
詳しくはこちら|不倫を公表したことの法的責任(名誉毀損罪・侮辱罪など)
詳しくはこちら|不法行為による損害賠償は相殺が禁止される;不倫の公表騒動
詳しくはこちら|職場内での不倫騒動は社内で懲戒処分の対象となる