1 養育費は父母の収入を元にして算定する
2 養育費は算定表を使って概算額を出せる
3 扶養料も同様の算定方法を使う

1 養育費は父母の収入を元にして算定する

養育費を算定する際は,父・母の収入が重要な要素となります。

<ごく大雑把な養育費の相場>

あ 年収1000万円未満の夫に対して,キャリアのない妻が子供を引き取ったケース

→子供1人につき月額2〜3万円程度に収まることが多い

い 『あ』より大きい年収

→収入の状況によって大きく異なってきます

2 養育費は算定表を使って概算額を出せる

簡易的に,収入と養育費が算定表とされています。
裁判所で用いられているものを示します。

養育費の支払いは月払いが基本とされており,月額をまとめたものです。

<養育費算定表において用いる年収

給与所得者→源泉徴収票の『支払額』
自営業者→『課税される所得金額』

3 扶養料も同様の算定方法を使う

離婚後ではない場合,実務上『養育費』という用語は使いません。
例えば父母が結婚しておらず,認知をした状態,という場合です。
このような場合の子供の生活費は『扶養料』と呼びます。
金額算定の方法は養育費と同様です。
詳しくはこちら|認知の効果|扶養|時間制限・金額決定の家裁の手続・算定方法