1 財産分与の分類
2 清算的財産分与の算定方法
3 財産分与において対立する要因の典型例

1 財産分与の分類

離婚の際に夫婦の財産を清算することを『財産分与』と言います。
本記事では,財産分与の基本的事項を説明します。
まず,財産分与は3つの種類に分類できます。

<財産分与の分類>

あ 清算的財産分与

夫婦の協力によって得た財産を夫婦で分けるもの
財産分与の本来的なものである
清算的財産分与のことを単に『財産分与』と呼ぶことが多い

い 扶養的財産分与

離婚後の扶養の趣旨で財産を渡すもの
詳しくはこちら|扶養的財産分与|離婚後の生活保障が認められることもある

う 慰謝料的財産分与

本来は『慰謝料』と『財産分与』とは別のものである
便宜的に財産分与の中に慰謝料の趣旨を含めることもある
詳しくはこちら|慰謝料的財産分与;清算的財産分与との区別
※民法768条

2 清算的財産分与の算定方法

財産分与のうち,本質的なものは清算的財産分与です(前記)。
清算的財産分与の算定方法は単純です。

<清算的財産分与の算定方法>

あ 算定式

財産分与額 = 夫婦共有財産(評価額) × 財産分与割合

い 夫婦共有財産(概要)

夫婦の協力によって得た財産のことである
※民法768条3項
詳しくはこちら|財産分与の対象財産=夫婦共有財産(基本・典型的な内容・特有財産)

う 財産分与割合(概要)

原則的に夫婦均等である
=夫婦共有財産を折半とする
特殊事情による例外的な扱いもある
詳しくはこちら|財産分与割合は原則として2分の1だが貢献度に偏りがあると割合は異なる

3 財産分与において対立する要因の典型例

清算的財産分与の構造は,夫婦共有財産を折半するという単純なものです(前記)。
しかし,実務では,夫婦の見解や意見が食い違い,熾烈な対立となることが多いです。
典型的な対立の要因をまとめます。

<財産分与において対立する要因の典型例>

あ 評価額が画一的ではない財産

高価な財産の評価額について
→見解の対立が生じる
例;不動産・高級車など

い 貢献度の割合

夫婦の貢献度の割合が不明瞭な財産について
→見解の対立が生じる
例;すでに受領した退職金

う 曖昧な共有財産性

ア 対立の構造
夫婦の共有財産に該当するかどうかが明確ではない
→見解の対立が生じる
イ 具体例
・資格
夫が弁護士や医師などの資格を有している
妻の支援の結果,夫が取得したものである
・将来の退職金
将来受け取ると予想される退職金
詳しくはこちら|財産分与の対象財産=夫婦共有財産(基本・典型的な内容・特有財産)