1 離婚原因における別居期間の位置付け・基準
2 別居期間と裁判所の離婚の判断
3 裁判所が考慮した特殊事情

1 離婚原因における別居期間の位置付け・基準

別居期間が長くなると離婚原因として認められます。
まず,『別居期間』の法律的な位置付けと判断基準をまとめます。

<離婚原因における別居期間の位置付け・基準>

あ 3大離婚原因

『長期間の別居』は3大離婚原因の1つである
詳しくはこちら|3大離婚原因の全体と『性格の不一致』の誤解

い 『長期間』の基準・目安

離婚原因ありと認める目安
=別居期間5〜10年程度

う 総合判断

『い』は他の離婚原因が一切ないという前提の目安である
『別居期間』以外の事情も考慮される
他の離婚事由がある場合は別居期間が数か月でも離婚が認められる
また,当事者両方の有責の程度で基準が異なる
詳しくはこちら|有責配偶者からの離婚請求は3つの要件で判断される
詳しくはこちら|双方有責における離婚請求

別居期間が長いことは『破綻』状態を現しているという考え方です。
長期間の別居の背景には,多くの『仲が悪い事情』が存在するのです。
逆に『仲が悪い』状況であるけど別居期間が短いケースもあります。
この場合は離婚原因として否定される傾向があります。
詳しくはこちら|3大離婚原因の全体と『性格の不一致』の誤解

2 別居期間と裁判所の離婚の判断

別居期間は,離婚が認められるかどうかに大きく影響します(前記)。
別居期間が主要な離婚原因となったケースをまとめます。

<別居期間と裁判所の離婚の判断>

判例 家庭内別居 (通常)別居 特殊事情 判決(※3)
東京高裁昭和54年6月21日 約10年間
東京高裁昭和58年1月27日 約3年 ※4
大阪地裁平成6年10月28日 10か月 2年4か月
大阪地裁平成4年8月31日 約3年 ※5
東京地裁平成8年12月16日 約3年 ※6
大阪地裁平成14年6月19日 4年 ※7
札幌地裁昭和50年3月27日 約6年半
名古屋地裁岡崎支部平成3年9月20日 約3年 ※8
東京高裁平成13年1月18日 約3年

※3 『判決』の表記
『◯』=離婚請求認容(離婚する)
『☓』=離婚請求棄却(離婚しない)

大体5〜10年の別居期間が離婚が認められる基準と言えます(前記)。
当然ですが,別居期間以外の事情によっても判断は影響を受けます。
前記裁判例における個別的・特殊事情は次にまとめます。

3 裁判所が考慮した特殊事情

前記裁判例における特殊事情を整理します。

<裁判所が考慮した特殊事情>

あ ※4

夫婦両方が離婚を望んでいた

い ※5

夫(=離婚を拒否側)が『具体的な修復方法』を示さない

う ※6

1度,夫から妻への暴力あり(叩いた)

え ※7

夫=暴力あり
妻=『なじる』(言葉の暴力)あり
→『双方有責』に準じた判断

お ※8(幸せの青い鳥判決)

『厨房に入ったことがない夫』を弱い立場と評価している