不動産,相続,離婚の問題を中心に,幅広い案件を取扱っている理系弁護士・司法書士です。事務所は,東京(新宿)と埼玉(さいたま市大宮)に ございます。年間1500件以上のお問い合わせがあり,知識・ノウハウの集積には自信がございます。
法律を科学する弁護士集団

依頼する弁護士によって結果が異なります。
法律・判例を熟知した弁護士がベストの解決戦略を立てます。
豊富なノウハウ・解決実績を掲載しています。ご覧ください。

調査・書面作成に関する弁護士費用

1 内容証明その他の書面作成
2 消滅時効援用の内容証明通知
3 契約書作成
4 書面のチェック
5 法的調査
6 鑑定
7 立会
8 裁判関連の書面作成
9 裁判関連の代理人|期日チャージ方式

書面作成や書面チェックなどの費用の基準を説明します。

<全体の注意事項>

以下の基準は標準的な場合の基準額です
個別的な内容により見込まれる,所要時間,労力により個別的にお見積を差し上げることもあります

1 内容証明その他の書面作成

<内容証明その他の書面作成>

あ 弁護士名義

手数料=10万円
※簡単な連絡取り次ぎは含まれます

い ご依頼者本人名義

手数料=5万円

※あくまでも標準的な手数料額です。事案の内容によって大きく異なるお見積りとなる場合もあります。

2 消滅時効援用の内容証明通知

<消滅時効援用の内容証明通知>

あ 原則

『任意整理』の業務として費用を算定します

い 例外

ア 例外に該当する事情
・相手方からの強い主張が想定される場合
・紛争性が高い場合
イ 例外に該当する場合の扱い
一般の『内容証明作成』または一般の『代理人交渉』に準じます

3 契約書作成

<契約書作成>

一般的な契約書作成
手数料=5万円
内容によって大幅に変わることがあります

4 書面のチェック

<書面のチェック>

あ 原則;簡単な契約書の場合

手数料=1通2万円

い 例外;加算

契約書が複雑あるいは多量の場合→加算する
手数料の加算額=1枚(分相当)2000円

5 法的調査

<法的調査>

あ タイムチャージ

タイムチャージ=1時間あたり1万円(最低額3万円)
※顧問先等は最低額は1万円となります

い 注意事項

『報告書』を作成しないものです
『報告書』を作成する場合は『鑑定』となります

6 鑑定

<鑑定>

あ 内容

『書面(報告書)』により法的調査結果・法的見解を報告するものです

い タイムチャージ

タイムチャージ=1時間あたり1万円(最低額10万円)
※簡易な場合は最低額は5万円となります

7 立会

<立会|調査なし>

あ 業務内容・弁護士の役割

・契約締結交渉などの現場に同行しする
・アドヴァイスを差し上げる
・後日証人等の証拠となる

い 手数料

手数料標準額=5万円

う 注意事項

ア 所要時間の制限
移動時間を含めた所要時間が4時間内の場合です
これを超過する場合,1時間あたり1万円のタイムチャージが生じます
イ 個別事情による変動
あくまでも標準額です
内容の複雑さ,規模の大きさ等によって大きく異なるお見積りとなる場合もあります

<立会|調査あり>

あ 業務内容・弁護士の役割

弁護士による『調査』を含む業務です

い 『調査』対象

ア 契約の目的である権利関係の帰属・内容
イ 契約当事者の権限の有無

う 加算額

『調査なし』の場合の『手数料』に,『鑑定』の費用を加算する

8 裁判関連の書面作成

<裁判関連の書面作成・チェック>

あ 訴状,申立書,準備書面のチェック

手数料=3万円

い 訴状,申立書,準備書面作成

手数料=5万円

う 注意事項

これらは標準額です
内容によって大きく異なることもあります

9 裁判関連の代理人|期日チャージ方式

<訴訟,調停等の代理人としての遂行>

あ 原則

各案件ごとに基準があります

い 例外的な方式|期日チャージ

ア 費用算定方法
1回の出廷ごとに算定する方法
イ 標準的な費用
着手金=10万円
手数料=期日出廷1回ごとに5万円
※『着手金』には『1回出廷分の手数料』が含まれます
ウ 注意事項
『上限』を定める,などの個別的な設定をすることもあります

【無料相談予約 受付中】お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-96-1040 受付時間 平日9:00 - 20:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP