1 利益極大現象|全体
2 利益極大現象|典型的要因
3 利益極大現象×リバウンド
4 利益極大現象×リバウンド|教訓
5 倒産×再生|災い転じて福となる

1 利益極大現象|全体

利益が極端に大きくなるとリバウンドが生じます。
本記事ではこのような経済社会の現象を説明します。
まずは『利益が極端に大きくなる』という現象について整理します。

<利益極大現象|全体>

あ 構造的利益極大現象

産業構造に変動が生じた
→特定のサービス運営の利益が極端に大きくなる

い 典型的要因|概要(※1)

次のような社会・産業構造の変動が要因である
ア 需要大変動
イ グレーゾーンのホワイト化
ウ ゲリラマーケットの普及途上
エ 構造的人口増加

このように,いくつかのパターンに分類できます。

2 利益極大現象|典型的要因

利益極大現象の要因にはいくつかのパターンがあります(上記※1)。
典型的な構造については別に説明しています。
詳しくはこちら|利益極大現象×リバウンド|典型的パターン・メカニズム

3 利益極大現象×リバウンド

利益が大きくなった後にはリバウンドが生じやすいです。
リバウンドの内容をまとめます。

<利益極大現象×リバウンド>

あ 逆方向の変動

産業構造の変動が次のように変わる
ア 変動が止まる
イ これまでの変動と反対方向に変動する

い リバウンド=倒産量産現象

産業構造の変動が進む
→サービス運営の利益が極端に少なくなる
→利益が生み出せなくなる
→倒産・廃業が続出する

4 利益極大現象×リバウンド|教訓

リバウンドという現象からは教訓を得ることができます。

<利益極大現象×リバウンド|教訓>

あ 驕れる者久しからず

極端に利益が大きい
→何の努力もなしに維持されるはずはない
詳しくはこちら|マーケットメカニズムの基本|自由経済・商品流通の最適化・供給者の新陳代謝

い 兜の緒を締めよ

『異常な状態』の要因・メカニズムを理解する
→状況の変動を想定できる
→冷静に想定した上で事業の方針判断を行う

5 倒産×再生|災い転じて福となる

『倒産』というのはネガティブなイメージがあります。
しかし,社会全体・長い目で見るとプラス評価もできます。
いろいろな効果を整理します。

<倒産×再生|災い転じて福となる>

あ 生まれ変わるサービス

経営難に陥った宿泊サービス
→新たな方法で生まれ変わることもある

い 事業再生・典型例|星野リゾート

星野リゾートは宿泊施設の再生実績を多く持つ
詳しくはこちら|レガシー温泉旅館×経営悪化→復活・高度化|再生ファンド|星野リゾート

う 新陳代謝→最適化のスピードアップ

倒産により事業者の入れ替わりが生じる
→最適化が速いスピードで進む
『生物進化論』と似ているという指摘がある
詳しくはこちら|ビジネスプレイヤーの新陳代謝×地球の歴史・生物種の進化|恐竜絶滅・全球凍結