1 京都市|民泊対策プロジェクト|全体
2 京都市|民泊110番開設|通報受付→現場調査
3 京都市|民泊対策プロジェクト・実態調査|ソース
4 京都市|民泊実態調査|全体
5 実態調査結果|適法性
6 実態調査結果|運営者の住所地
7 実態調査結果|宿泊サービス・マーケット
8 実態調査結果|周辺住民・関連業者

1 京都市|民泊対策プロジェクト|全体

京都市では公的な『民泊対策』に取り組んでいます。
プロジェクトの全体・概要をまとめます。

<京都市|民泊対策プロジェクト|全体>

あ プロジェクトチーム結成

平成27年12月
『民泊対策プロジェクトチーム』を立ち上げた

い 実態調査実施

実態調査を実施した(※1)

う 考え方・公表

平成28年2月
健康福祉局が『民泊』に対する考え方を明示・公表した
例;ホームページなど(※2)

お 体制強化

平成28年4月
産業観光局・保健福祉局に民泊対策の役職を新設した
→宿泊環境整備・民泊対策を担当する課長・係長

2 京都市|民泊110番開設|通報受付→現場調査

京都市は市民からの苦情受付窓口の設置を発表しました。
民泊対策プロジェクトの一環と位置付けられるでしょう。

<京都市|民泊110番開設|通報受付→現場調査>

あ 民泊110番|概要

京都市は市民からの通報を受け付ける
平成28年6月に窓口を公表する予定
窓口=専用電話番号・メールアドレス

い 対象行為

民泊に関する違法行為・近隣トラブル

う 通報受付後の対応|調査

市職員が現場に出向いて状況を調べる
ホストに事情を聴く

え 違法行為への対応

サービス提供が違法な場合は次のような措置を取る
ア 営業の中止を要請する
イ 刑事告発を行う
外部サイト|朝日新聞デジタル|平成28年5月25日

3 京都市|民泊対策プロジェクト・実態調査|ソース

民泊対策プロジェクトに関する情報源をまとめておきます。

<京都市|民泊対策プロジェクト・実態調査|ソース>

あ 調査結果|タイトル・日付(上記※1)

京都市民泊施設実態調査について
→本記事では『京都市民泊実態調査結果』と呼ぶ
平成28年5月9日
産業観光局 観光MICE推進室

い 調査結果|ソース

京都市|京都市民泊施設実態調査について

う 調査概要の説明|リンク

京都市|京都市民泊施設実態調査について

え 考え方・公表|リンク(※2)

本記事では『京都市・考え方』と呼ぶ
外部サイト|京都市|民泊の利用及び提供に当たって(重要)

4 京都市|民泊実態調査|全体

プロジェクトチームは民泊実態調査を行いました。
調査の概要をまとめます。

<京都市|民泊実態調査|全体>

あ 調査対象施設数
戸建て 935件
集合住宅 1677件
その他 90件
合計 2702件
い 調査期間

平成27年12月1日〜平成28年3月31日
※京都市民泊実態調査結果『1(3)』

5 実態調査結果|適法性

実態調査の結果が公表されています(前記)。
まずは適法性に関する情報を整理します。

<実態調査結果|適法性>

あ 旅館業法|無許可

無許可と思われる件数

戸建て住宅548件 58.6%
集合住宅1255件 74.8%

※京都市民泊実態調査結果『3(1)イ』

い 都市計画法|用途不適合
戸建て住宅 14.1% 132件
集合住宅 11.2% 187件

※京都市民泊実態調査結果『3(1)ウ』

6 実態調査結果|運営者の住所地

民泊サービスが違法だとすると検挙の対象となります。
検挙の現場では『運営者の住所地』が1つのハードルとなります。
実態調査では運営者の住所地も対象となっています。
その結果の概要をまとめます。

<実態調査結果|運営者の住所地>

すべての施設タイプの総合計

京都府 66.2%
京都以外の日本国内 26.4%
海外 2.0%

※京都市民泊実態調査結果『3(1)エ』

7 実態調査結果|宿泊サービス・マーケット

民泊は,宿泊サービスのマーケットに影響します。
これに関する情報も調査されました。

<実態調査結果|宿泊サービス・マーケット>

あ 宿泊キャパシティ

京都市内合計1万1852人
※京都市民泊実態調査結果『3(1)オ』

い 施設の宿泊可能人数|概要

2〜3人→49.8%
※京都市民泊実態調査結果『3(1)オ』

う 宿泊料金

1人1泊の宿泊料金
モード(最頻値)=6001〜1万2000円
ビジネスホテルと同レベル
→マーケット上競合する状態にある
※京都市民泊実態調査結果『3(1)キ』

8 実態調査結果|周辺住民・関連業者

実態調査では周辺住民へのヒアリングが実施されました。
また,関連する事業者へのヒアリングも実施されました。
これらについては別に説明しています。
詳しくはこちら|京都市|民泊実態調査|周辺住民ヒアリング
詳しくはこちら|京都市|民泊実態調査|マッチングサービス・ヒアリング
詳しくはこちら|京都市|民泊実態調査|民泊代行業者|2極化→利益優先vs発展願望