1 個人賠償責任保険|保険事故
2 個人賠償責任保険|補償の対象|基本
3 個人賠償責任保険|保険事故|具体例
4 補償の対象とならない事故・損害|典型例
5 個人賠償責任保険|被保険者の拡張
6 特約としての個人賠償責任保険
7 個人賠償責任保険×見落とし注意・弁護士の責任論
8 保険商品の内容|全体の注意

1 個人賠償責任保険|保険事故

本記事では『個人賠償責任保険』を説明します。
いろいろな保険商品があります。
保険商品の内容として一般的なものを前提として説明します。
まずは補償の対象となる『保険事故』の内容をまとめます。

<個人賠償責任保険|保険事故>

あ 前提事情=保険事故

個人が日常生活で過失により他人の『生命・身体・財産』に損害を与えた
→個人が損害賠償責任を負った

い 保険事故|注意点

日常生活における事故だけである
業務・仕事中の事故は除外される
他の保険商品の対象となる典型類型は除外される
例;住宅・自動車・業務に関する/起因するもの(後述)

2 個人賠償責任保険|補償の対象|基本

保険事故が発生した場合,一定の補償がなされます。
補償の対象について,基本的事項をまとめます。

<個人賠償責任保険|補償の対象|基本>

あ 被害者に支払う損害賠償金

例;治療費・修理費・慰謝料

い 弁護士費用・訴訟費用

ア 弁護士費用
イ 訴訟手続に要する費用

3 個人賠償責任保険|保険事故|具体例

保険事故の代表的・典型的な事例をまとめます。

<個人賠償責任保険|保険事故|具体例>

買い物中に陳列商品を落とし破損させた
飼い犬が他人を噛んで負傷させた
子供が駐車場に停めてあった他人の車をキズ付けた
自転車で走行中に歩行者とぶつかり負傷させた
マンションの風呂場の水漏れにより階下の居室の家財を損傷した
ガス爆発によって隣の建物を損壊した
ベランダの鉢植えが落下して歩行者に当たり負傷/死亡させた

4 補償の対象とならない事故・損害|典型例

補償の対象とならない状況もあります。

<補償の対象とならない事故・損害|典型例>

あ 保険事故に該当しない

契約者・被保険者の故意による事故
地震・噴火・津波に起因する事故
被保険者と同居の親族に対する損害賠償責任
被保険者が使用する財物の所有者に対する損害賠償責任
被保険者の職務遂行に直接起因する損害賠償責任
被保険者の心神喪失に起因する損害賠償責任
航空機・船舶・車両の所有・使用・管理に起因する損害賠償責任

い 補償の対象に該当しない

名誉毀損・プライバシー侵害による損害賠償責任

5 個人賠償責任保険|被保険者の拡張

個人賠償責任保険の『被保険者』についてまとめます。

<個人賠償責任保険|被保険者の拡張>

あ 被保険者|基本

基本的には『契約者』が被保険者である
さらに契約者以外の一定の者も含まれる特約も多い

い 被保険者|拡張の典型例

ア 同居の親族
イ 非同居の生計を同一にする親族
例;親からの仕送りで一人暮らしをしている学生の息子

6 特約としての個人賠償責任保険

個人賠償責任保険は『特約』として付けられるケースも多いです。
いわゆる『メインの保険のおまけ』という位置付けです。

<特約としての個人賠償責任保険>

あ 単独商品・特約として付加

単独の保険商品となっているものもある
他の保険の特約として付されるものも多い

い 特約となる典型

次の主な保険の特約として付けられるものが多い
ア 火災保険
イ 傷害保険
ウ 自動車保険

7 個人賠償責任保険×見落とし注意・弁護士の責任論

個人賠償責任保険は通常,規模が小さいです。
そこでしっかりと把握しておらず『見落とし』が生じることが多いです。
この注意点については別に説明しています。
(別記事『個人賠償責任保険・見落とし注意』;リンクは末尾に表示)

8 保険商品の内容|全体の注意

以上の説明における注意点があります。
繰り返しになりますが改めて記載しておきます。

<保険商品の内容|全体の注意>

以上の保険商品内容の説明は一般的なものです。
個別的な保険商品によって異なります。
個別的事案においては保険約款などの確認が必須です。
具体的トラブルの際は弁護士に相談されることをお勧めします。