1 オリンピック×カジノの『夢』の側面
2 カジノクルーズvsオリンピック同期方式都心型カジノ
3 大きな需要の変化→祭りの後問題|概要
4 カジノクルーズの発展性
5 複数のアイデア・プロジェクトの切磋琢磨

1 オリンピック×カジノの『夢』の側面

オリンピック開催に合わせて,大規模な『カジノ施設』を作るアイデアがあります。
詳しくはこちら|カジノ×IR(統合リゾート)|法整備|オリンピックとのシンクロ
カジノ施設が完成すれば,外国人観光客の増加が見込めるでしょう。
『オリンピック開催』だけでも大きな集客効果がある上に,『カジノ』により,相乗的に効果が上がるでしょう。
経済効果の面としては良いことばかりのようにも思えます。

2 カジノクルーズvsオリンピック同期方式都心型カジノ

ところで船上で適法にカジノを実施する方法があります。
詳しくはこちら|船上カジノ×賭博罪|法解釈|カジノクルーズ・リアルサービス
『オリンピックに合わせた都心型カジノ』にはない『カジノクルーズ』の発展性をまとめます。

<カジノクルーズvsオリンピック同期方式都心型カジノ>

カジノクルーズ オリンピック同期方式都心型カジノ
社会的イベント依存なし オリンピック開催時期に需要ピーク
『需要の変化』とは無縁 大きな需要の変化あり(※1)
一定の経済力を持った方のみが参加 『低所得者がハマる』リスクあり
『新規性=発展性』あり(※2) 『新規性=発展性』少ない

3 大きな需要の変化→祭りの後問題|概要

カジノ運営のためには,大きな物理的な施設と人員が必要となります。
設備を急激に大きくすると『大きな需要が去った後』が問題です。
一般的に,大きな需要の変化は『倒産』を引き起こします。
いわゆる『祭りの後現象』と呼ばれるものです。

<大きな需要の変化→祭りの後問題|概要(上記※1)>

需要が急激に増加した場合
→リバウンドが生じることが多い
事業者の倒産が続出する
詳しくはこちら|利益極大現象×リバウンド|基本|典型的要因・教訓・災い転じて福となる

4 カジノクルーズの発展性

カジノクルーズは,レガシーカジノ(従前の方式)にはない発展性が指摘されています。

<カジノクルーズの発展性(上記※2)>

『賭け』の対象自体も『エンターテイメント』にする

あ 『賭け』の対象(コンテンツ)|例

ア プロ・ゲーマーによる対戦
イ 将棋(プログラム・人間問わず)

い コンテンツの多面利用|例

ア テレビ番組・オンラインストリーミングのコンテンツとする
イ 当然だが,オンラインで観戦する『日本国内の人』が賭けるのはアウト

将棋の法的・サイエンス的な性格については別に説明しています。
詳しくはこちら|将棋×法律|棋譜・戦法・詰将棋・対局プログラムの著作権|賭け将棋×賭博罪

5 複数のアイデア・プロジェクトの切磋琢磨

一般的に『事業』は,ライバル・競争があって初めて『高度に発展』します。
詳しくはこちら|マーケットメカニズムの基本|自由経済・商品流通の最適化・供給者の新陳代謝
『カジノ』のカテゴリ内でも高いクオリティのサービスが登場・発展することを期待します。
他方で,法整備・執行(解釈論)も,このような良質のサービス展開が促進されるよう,積極的に進めるべきであると思います。