1 デリバティブ取引|意味・語源
2 デリバティブ取引|種類・方法
3 デリバティブ取引×賭博罪|問題の所在
4 デリバティブ取引×賭博罪の成否|解釈論

1 デリバティブ取引|意味・語源

デリバティブ取引という特殊な取引があります。
賭博罪との抵触が問題となります。
本記事では,デリバティブの基本的事項をまとめます。
賭博罪などの適法性については別記事にて説明します。
まずは『デリバティブ取引』の意味や語源をまとめます。

<デリバティブ取引|意味・語源>

あ デリバティブ取引とは

原資産を一定の取決めによって受渡しorインデックスとして利用する取引の総称
原資産の例=金利,為替,株式など
※デリバティブ研究会『デリバティブ取引入門 第2版』銀行研修社2010年p8

い デリバティブ|語源

『派生物』という意味
原資産から派生したという意味

2 デリバティブ取引|種類・方法

デリバティブ取引とは,いくつかの種類の取引の総称です(前記)。
これに含まれる取引の種類や取引の方法をまとめます。

<デリバティブ取引|種類・方法>

あ 具体的種類

ア 先物・先渡取引
イ スワップ取引
ウ オプション取引
エ 外国為替証拠金取引

い 組み合わせ

仕組債の中にデリバティブが含まれることがある

う 取引の方法

市場or店頭で取引を行う

3 デリバティブ取引×賭博罪|問題の所在

デリバティブ取引は賭博罪との抵触が問題となります。
なぜ問題になるのか,という問題の所在をまとめておきます。

<デリバティブ取引×賭博罪|問題の所在>

あ デリバティブ取引|リスク

相場の変動により当事者に大きな利益・損失が生じる
相場の変動は正確な予測は不可能である
『偶然』の支配による財産の『得喪』に該当する可能性がある
→賭博罪が成立する可能性がある

い デリバティブ取引|実用性

発祥は,一般的な財産の取引のリスクヘッジという目的にある
『売買』の形式である
一定の『相場の変動による価格変動』が含まれるに過ぎない
→実質的に違法とするのは妥当ではない

う デリバティブ取引×賭博罪|概要

賭博罪が成立する/しないという見解にバラエティがある
成立する/しないの判断基準や理由・根拠にもバラエティががある

4 デリバティブ取引×賭博罪の成否|解釈論

賭博罪が成立するかしないか,という解釈論は不明確なところが多いです。
解釈論については,別に説明しています。
(別記事『デリバティブ取引・賭博罪の成否・全体』;リンクは末尾に表示)
また取引の種類ごとに適法性の説明もしています。
(別記事『先物取引・先渡取引』;リンクは末尾に表示)
(別記事『スワップ取引』;リンクは末尾に表示)
(別記事『オプション取引・仕組債』;リンクは末尾に表示)
(別記事『外国為替証拠金取引=FX』;リンクは末尾に表示)