1 メインバンクの口座×仮差押→強いインパクト
2 預金仮差押のインパクト|典型的具体例
3 預金仮差押のインパクト→解放金で回避|事例A
4 預金仮差押のインパクト→全面降伏的和解|事例B

1 メインバンクの口座×仮差押→強いインパクト

仮差押の対象とする預貯金は『よく使われる』ものが選ばれます。
事業・会社の口座の場合は『メインバンクのメインの取引用口座』です。
この口座に仮差押が執行されると,裁判所から金融機関に通知が行きます。
そして,金融機関の担当者から預金者に連絡がなされます。
ここで事実上『自主的な解決の要請』が伝えられます。
預金者=債務者としては,仮差押が執行されたこと自体で信用が落ちます。
ましてやメインバンクとの関係なので,非常に重視する傾向があります。
そこで『すぐに債権者に返済する』などの自主的解決を急ぐことにつながりやすいです。
これについては別記事で説明しています。
詳しくはこちら|預貯金差押執行・効果|範囲・時間的前後関係|申立タイミング・作戦

2 預金仮差押のインパクト|典型的具体例

預金仮差押は本来の回収効果以外の波及的効果も重要です。
いわゆる『インパクト』が強いのです。
『インパクト』の具体例・具体的内容をまとめます。

<預金仮差押のインパクト|典型的具体例>

あ 前提事情

A社の事業の規模
1か月の売上=数億円
取引はすべてメインの預金口座を用いていた

い トラブル

B社が『工事請負代金』約1000万円をA社に請求した
A社は工事を別のC社に紹介しただけ,と認識していた
そこでA社・B社は交渉していた
A者は当然『請負代金』を支払っていなかった

う 預金仮差押の執行

B社はA社のメインの預金口座の仮差押を申し立てた
裁判所は仮差押命令を発令した
A社は銀行から連絡を受けて初めて仮差押を受けたことを知った

え 困惑・驚愕

この時点でメインの預金口座残額が約1500万円であった
→1000万円がロックされる
→動かせる金額は約500万円だけとなった
→取引先への支払・従業員の給与支払の一部が不能となる
→大混乱・信用不安が生じる
→会社の存続の危機に至る

預金をロックされたことの現実的な効果は結構大きいのです。

3 預金仮差押のインパクト→解放金で回避|事例A

預金仮差押を受けた方としてはダメージを回避する方法を取ります。
対応策の1つは『解放金』の制度を使うというものです。
(別記事『民事保全に対する対抗手段』;リンクは末尾に表示)
制度はあるのですが,盲点・弱点もあります。

<預金仮差押のインパクト→解放金で回避|事例A>

あ 解放金による危機の回避

スピーディーに危機を解消・回避するには
→『解放金』の提供が必要
解放金は1000万円で済む

い 資金調達の苦労|事例

計算上はA社が1000万円のキャッシュを用意することは可能であった
キャッシュはほぼすべてメインの預金口座に入っている
1000万円はロックされている
引き出せるのは残りの約500万円であった
A社代表者が数時間で必死になって残額約500万円をかき集めた
会社の壊滅的被害をようやく回避できた

う 本案訴訟でのA社優勢

B社はその後本案訴訟を提起した
この訴訟の中で主張・理論はA社が優勢であった
裁判所の勧告により次の内容の和解が成立した

え 最終和解内容

A社が200万円支払う
→解放金のうち800万円はA社に戻ることになった

4 預金仮差押のインパクト→全面降伏的和解|事例B

預金仮差押のインパクトが『その後の和解交渉』に大きく影響することも多いです。

<預金仮差押のインパクト→全面降伏的和解|事例B>

あ 危機状態における交渉

預金のロックがかかったタイミングでB社が次のような提案をした

い 和解案

A社が1000万円の債務を認めれば仮差押を取り下げる
実際の支払は仮差押のロック解除後で構わない

う A社・他の選択肢がない

A社はメイン口座以外から即座に解放金を調達することが難しい
=即座に仮差押を解消する方法が『和解受諾』以外にない
→B社の和解案を受諾した

要するに『窮状を脱するために不利な内容を受け入れる』というような状況です。
平常時・事前にこのようなことも想定しておくと良いのです。
資産の管理を1箇所に集中させない,などの素朴な対応が役立つのです。

<注意|用いた『事例』>

本記事で用いた事例は実例をアレンジしたものです。
実例のうち典型的な要素はもれなく含めてあります。