1 『カレログ』(アプリ)|機能概要
2 『カレログ』×法的問題|プライバシー・オンライン情報の不正取得
3 『メールトラップ!』(アプリ)|機能概要|不正ロック解除対策
4 『メールトラップ!』×法律解釈論|『不正への対応』は保護される傾向
5 注意事項|サイエンス・テクノロジー×有益/有害問題

1 『カレログ』(アプリ)|機能概要

『カレログ』というスマートフォンのアプリが話題となっています。

<『カレログ』(アプリ)|機能概要>

あ 想定される代表的使用例

ア 当事者
観察対象者=男性(と想定)
観察する者=女性(と想定)
イ 具体的使用例
男性が保有しているスマートフォンに『カレログ』をインストールする
女性が保有しているスマートフォンに『男性の情報』が送信される

い 送信される情報

ア 位置情報
イ 音声(マイクからの集音)
ウ 画像(キャメラからの映像)
エ 通話内容
※現在では機能が変更されています。

言わば,『カレ』の動きを『彼女』が把握する,というコンセプトです。

2 『カレログ』×法的問題|プライバシー・オンライン情報の不正取得

<『カレログ』×法的問題>

あ 民事責任

プライバシー権侵害に該当する可能性

い 刑事責任

次の犯罪に該当する可能性
ア 不正指令電磁的記録作成等
イ 不正指令電磁的記録取得等
※刑法168条の2,168条の3

『カレ』の承諾がなければこのような法的問題を生じる可能性があります。

3 『メールトラップ!』(アプリ)|機能概要|不正ロック解除対策

メールトラップ!というアプリも最近話題となっています。

<『メールトラップ!』(アプリ)|機能概要>

あ 機能概要

起動時に画面上で暗証番号の入力を求める
正解しないとインカメラで撮影する

う 実質的機能

結果的に『所有者以外が無断で解除にトライした』場合
→侵入にトライした者の顔写真が記録化される

4 『メールトラップ!』×法律解釈論|『不正への対応』は保護される傾向

メールトラップ!の法律解釈論をまとめます。
判例があるわけではないのでしっかりした基準などはありません。

<『メールトラップ!』×法律解釈論>

あ 形式論

顔写真を無断で撮影する
→プライバシー・肖像権侵害の可能性がある

い 既存の解釈論

犯罪・権利侵害への法的な対応・責任追及のための証拠保全
→保護される方向性
関連コンテンツ|肖像権|人物の撮影→公表は肖像権侵害になる|差止・損害賠償請求
関連コンテンツ|民法上の正当防衛|加害行為の違法性の要否|必要性・相当性|防衛の意思

う メールトラップ!|撮影経緯の特殊性

不正にパスワードを解除しようとした者が撮影される
→撮影に至った経緯は『被写体の責任(帰責性)』が大きい
→権利侵害が否定される方向性

当然,法律面以外でも影響をケアすべきという指摘があります。

<『メールトラップ!』|法律面以外での心配>

人間関係・信頼関係の損傷

5 注意事項|サイエンス・テクノロジー×有益/有害問題

最後に一般的な注意を付記しておきます。
まずは,サイエンス・テクノロジー一般について言える問題をまとめます。

<サイエンス・テクノロジー|有益/有害問題>

あ 有益/有害問題|法則

あらゆるサイエンス・テクノロジーは使い方で効果が決まる
有益にも有害にもなる

い 有益/有害問題|例

核分裂のテクノロジー

良い活用 悪用(故意) 誤用(過失)
発電・放射線治療・ゴムの強化 原子力爆弾→軍用 原発事故

当事務所からの注意事項です。

<みずほ中央・注意事項>

当サイト・当事務所は法律の悪用を推奨するものではありません
『悪用』は法解釈・適用において,不利な結果につながる力学が働きます
また,サイエンス・テクノロジーについても悪用を推奨しません
当事務所は具体的な行為の結果を保証するものではありません