1 時代の流れ|伝統的マーケット→近代化=大衆消費社会
2 大衆消費社会→クオリティ下がる|『レモンの市場』現象
3 クオリティ低下の抑止方法|チェーン・FC・ブランド・法規制
4 チェーン店・FCによる『情報の非対称性解消』|具体例・マック
5 業法・法規制の目的・存在意義|本来の目的+変容した目的
6 業法・法規制の目的|最初から『既存業者保護』が入っていることも
7 IT化普及→『法規制』の存在意義喪失|情報の非対称性解消
8 IT化→『情報の非対称性』解消|具体例=シェアリングサービス
9 IT化→情報の非対称性解消|AICJコメント
10 規制する法律の存在意義なし→違憲の主張|かばわれてしまう

1 時代の流れ|伝統的マーケット→近代化=大衆消費社会

本記事では,業法・法規制のオリジン・存在意義・目的にについて説明します。
現在のシェアリング・マッチングサービスの必要性や法規制の解釈に関係するテーマです。
なぜ『事業に関する法規制』が登場したのか,歴史的な背景からまとめます。

<時代の流れ|伝統的マーケット→近代化=大衆消費社会>

あ 伝統的マーケット→情報の対称性

伝統的な社会では生活圏が狭かった
=知っている人どうしでしか取引が行われない
→サービス・商品のクオリティは『評判』として十分な情報が得られた

い 都市化の進展+交通手段の発達→大衆消費社会

都市化が進展した+交通手段が発達した
→事業者と消費者の関係が希薄となった
=大衆消費社会

2 大衆消費社会→クオリティ下がる|『レモンの市場』現象

大衆消費社会になると『サービス・消費のクオリティが下がる』という現象があります。

<大衆消費社会→クオリティ下がる|『レモンの市場』現象>

あ 『レモンの市場』現象

消費者の間で『評判』が行き届かない
→事業者がクオリティを上げるインセンティブがなくなる
→サービス・商品のクオリティが下がる

い 根本的要因

事業者vs消費者の間の『情報の非対称性』

う 『レモンの市場』理論;ネーミング

レモンは購入した後でないとクオリティが分からない
この特徴から論文中で『レモンの市場』が使われた
転じて『欠陥品』『ビッチ(女性)』を指す語法もある
※ジョージアカロフ;ノーベル経済学賞受賞者;『レモンの市場』

3 クオリティ低下の抑止方法|チェーン・FC・ブランド・法規制

サービス・商品のクオリティの低下が抑止される手法がいろいろあります。

<サービスのクオリティ低下の抑止方法>

あ 根本的な要因の修正

『情報の非対称性の解消』
=『消費者がサービス・商品の情報を把握する』こと
→『サービスのクオリティの確保(回復)』

い 情報の非対称性の解消の方法・種類

ア チェーン店
イ フランチャイズ方式(FC)
ウ 『ブランド』の構築・維持
エ 公的規制
許認可・免許・資格制などの参入規制
=政府による人為的な『クオリティ』チェック

これらの方法により,消費者が『サービスのクオリティ』が予測・把握できるのです。
その具体例を次に説明します。

4 チェーン店・FCによる『情報の非対称性解消』|具体例・マック

『情報の非対称性の解消』と言うと難しいですが,具体的シーンは単純です。

<チェーン店・FCによる『情報の非対称性解消』|具体例>

異国の地・見知らぬ土地で地元のレストランに入るのは不安がある
ゴールデンアーチを見たら『提供される食品の内容・クオリティ』が理解できる
→利用(購入)しやすい
※ゴールデンアーチ=マクドナルドのこと

5 業法・法規制の目的・存在意義|本来の目的+変容した目的

以上のように『事業に関する法規制』は『クオリティ確保』が目的・存在意義なのです。
ただ,目的は派生的にもう1つあります。

<業法・法規制の目的>

あ 本来の目的(存在意義)

サービス・商品の『クオリティ』の確保
→安全性など

い 変容した目的(存在意義)

既得権益の保護(※1)
関連コンテンツ|マーケットの既得権者が全体最適妨害|元祖ラッダイト→ネオ・ラッダイト

6 業法・法規制の目的|最初から『既存業者保護』が入っていることも

業法・法規制の派生的目的として『既得業者保護』があります。
『派生的』というのは原則的な場合です。
法律によっては当初からの『本来の目的』であることもあります。

<『本来の目的』に既存業者保護が含まれる法律>

最初から『既存業者の保護』が目的に含まれる法律(規制)もある
例;薬事法・森林法・小売市場法(既に改正されたものを含む)
詳しくはこちら|ネオ・ラッダイト討伐|3権・テクノロジー・グレーゾーン=ベンチャーの聖域

7 IT化普及→『法規制』の存在意義喪失|情報の非対称性解消

ところで現在ではITが爆発的に普及しています。
そうなると『情報の非対称性』という根本的な問題に大変革が生じています。

<IT化普及→『法規制』の存在意義喪失>

あ 『法規制』の存在意義

サービスのクオリティ確保
=情報の非対称性の解消

い 情報流通の爆発的普及・自由化

インターネッツ+スマホの爆発的普及
→『情報流通の自由化・民主化=IT化』が急激に進んでいる
→情報の非対称性が解消されつつある

『情報の非対称性の解消』と言うとちょっと分かりにくいです。
具体例を次に説明します。

8 IT化→『情報の非対称性』解消|具体例=シェアリングサービス

IT化による『情報の非対称性解消』は現在では身の回りに多いです。
典型的な具体例としてシェアリング・マッチングサービスについてまとめます。

<IT化→『情報の非対称性』の解消|具体例>

あ 『情報の非対称性』解消|サービスの評価

ア 『サービス・商品提供者』を『利用者』が評価するシステム
最近のシェアリング・マッチングシステムには組み込まれている
いわゆる『レビュー』である
イ 評価システム|例
・airbnb→ホストの評価
・UBER→ドライバーの評価
・COMEHOME→クリーナーの評価
詳しくはこちら|シェアリング/マッチング・サービス|具体例・法規制の概要

い 逆方向の評価=ユーザーの評価

『貸す側』も『借りる人』によるリスクを心配する
『ユーザーの評価』が記録・蓄積するシステムも普及している

う 『法規制』の存在意義

『本来の目的』(存在意義)を喪失しつつある
→法規制自体は社会全体としては不要の方向性
ただし『変容した目的』は残っている
変容した目的・存在意義=既得権者保護(上記※1)

9 IT化→情報の非対称性解消|AICJコメント

情報の非対称性の緩和により法規制の存在意義が薄れています。
別の角度から,分かりやすくコメントした方がいらっしゃいます。
これを紹介します。

<IT化→情報の非対称性解消|AICJコメント>

あ 発言者

アジアインターネット日本連盟=AICJ
杉原佳尭幹事長

い コメント|引用

安全性などに問題がある業者は規制で縛るのではなく,消費者の評価で自然淘汰させるべきだ
※平成28年5月29日日本経済新聞朝刊p1・電子版
外部サイト|日本経済新聞|平成28年5月29日

う 参考|AICJ

AICJは日本政府に意見書を提出している
団体の概要とこの意見書については別に説明している
詳しくはこちら|中間整理批判|AICJ意見書|全体・サマリー・ソース

え 参考|産業×『淘汰』

進化生物学と産業進化学は類似する
詳しくはこちら|ビジネスプレイヤーの新陳代謝×地球の歴史・生物種の進化|恐竜絶滅・全球凍結

10 規制する法律の存在意義なし→違憲の主張|かばわれてしまう

現在存在する法規制には,実質的に『既存業者保護』のためだけ,という傾向があります。
この点『不合理だから裁判所に解消してもらおう』という発想があります。
裁判所による『不合理な法律の効力』の判断についてまとめます。

<規制する法律を違憲として裁判所が廃止する作戦>

あ 主張

法規制の存在意義がない
新規事業者の『営業の自由・経済活動の自由』の侵害
利用者の『経済活動の自由』の侵害
※日本国憲法21条29条

い 裁判所の判断|判例基準

明白性の原則
→要するに違憲とはならない
詳しくはこちら|人権基本・違憲立法審査権|違憲審査基準|経済的自由権×目的2分論

このように,結果的に『既得権者・国会』を裁判所がかばう傾向が強いのです。
本来はマーケットの調整は国民の代表が国会を通して行うべき,という原則があります。
そのために,裁判所は1歩引いたスタンスを取ることが構造的に要求されているのです。

詳しくはこちら|ネオ・ラッダイト討伐|3権・テクノロジー・グレーゾーン=ベンチャーの聖域

なお,法規制の『存在意義がなくなった』を行き越して『悪影響を生じる』現象もあります。
これについては別記事で説明しています。
詳しくはこちら|業法・法規制の悪影響|『クオリティ確保』の逆効果|評価システム導入ハードル

<参考情報>

あ 週刊ダイヤモンド15年6月6日p100〜

早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問
野口悠紀雄氏
外部サイト|ダイヤモンドオンライン(会員登録要)

い The market for lemons

Akerlof, G. (1970).
The market for lemons: quality uncertainty and the market mechanism.
Quarterly Journal of Economics 84 (3), 488-500.