1 インターネッツ経由の犯罪|海外サーバーのカジノ・わいせつ画像
2 刑法の適用対象範囲|国内犯/国外犯|概要
3 賭博・わいせつ系犯罪×国内/国外犯
4 一般的な『国内犯』・犯罪行為地の解釈論
5 国内犯解釈論『偏在説』×賭博・わいせつ物陳列罪
6 海外サーバーを利用した『賭博系/表現系』犯罪の比較

1 インターネッツ経由の犯罪|海外サーバーのカジノ・わいせつ画像

インターネットの普及とともに『法律の想定外』が生じています。
『オンラインカジノ』や『わいせつ画像』に関する犯罪の対象範囲の問題です。
サーバーが海外にある場合『日本国内で行われた犯罪』ではないとも思えます。
そこで,日本の刑法その他の法律による処罰の対象になるか・ならないか,が問題となります。
実はハッキリした公的解釈・ルールがないのです。

2 刑法の適用対象範囲|国内犯/国外犯|概要

日本の刑法その他の刑事罰規定の適用対象ルールを説明します。
基本的な大原則と例外をまとめます。

<刑法の適用対象範囲|国内犯/国外犯|概要>

あ 処罰範囲|原則論

賭博罪は『国内犯』だけが処罰対象である
→『属地主義』と呼ぶ
※刑法1条1項

い 処罰範囲|例外

犯罪によっては日本人が行った『国外犯』も処罰対象となる
→『(積極的)属人主義』と呼ぶ
※刑法3条

詳しくはこちら|刑法の適用範囲|準拠法|条例の適用範囲→属地主義が原則

オンラインカジノでは『プレイヤー=日本国内』『運営者=海外所在のサーバー』という状態です。
またわいせつな画像を海外所在のサーバーに保管した,という場合も同様です。
いずれも『国内犯』の解釈によって結論が決まる,ということになります。

3 賭博・わいせつ系犯罪×国内/国外犯

犯罪の種類によっては『国外の犯罪行為』も処罰対象となります。
オンラインで問題となる『賭博系・わいせつ系犯罪』についてまとめます。

<賭博・わいせつ系犯罪×国内/国外犯>

罪名 国内/国外犯規定 条文
賭博罪 国内犯のみ 刑法1条,3条,185条
わいせつ物陳列罪 国内犯のみ 刑法1条,3条,175条
児童ポルノ法違反 国内犯+国外犯 同法10条
リベンジポルノ法違反 国内犯+国外犯 同法3条5項

まず,賭博罪は『国内犯のみ』が対象です。
『わいせつ系』はちょっと複雑です。
児童ポルノ法・リベンジポルノ法違反は『国内/国外犯』のいずれも処罰対象です。
『わいせつ物陳列罪』は『国内犯のみ』です。
結局『賭博罪・わいせつ物陳列罪』だけは『国外での犯罪』の扱いが『解釈によって決まる』状態となります。
この解釈論について,次に説明します。

4 一般的な『国内犯』・犯罪行為地の解釈論

一般的な『国内犯』の解釈論を説明します。
正面からこの解釈を示した判例は少ないです。
古い判例と,後は学説がいろいろとある,という状態です。

<一般的な『国内犯』・犯罪行為地の解釈論>

あ 偏在説=判例・通説

『行為』と『結果』の『いずれか』が国内で生じた場合を『国内犯』とする
※大判明治44年6月16日

い ネオ偏在説(発展形)

構成要件該当事実の一部が国内で生じた場合を含む
※『新基本法コンメンタール刑法』日本評論社p13

『偏在説』と呼ばれる見解と,これを発展させた見解に整理できます。

5 国内犯解釈論『偏在説』×賭博・わいせつ物陳列罪

『偏在説』を前提にしてもオンラインの賭博・わいせつ物陳列罪の扱いが明確に判断できるわけではありません。
それぞれの解釈論については別に説明しています。
(別記事『国内犯解釈論×賭博罪』;リンクは末尾に表示)
(別記事『国内犯解釈論×わいせつ物陳列罪』;リンクは末尾に表示)
結果的に『賭博罪/わいせつ物陳列罪』で解釈論に違いがあります。

6 海外サーバーを利用した『賭博系/表現系』犯罪の比較

海外サーバーを利用した『賭博系』『表現系』の行為は扱いの方向性が違います(前述)。
違いについて並べてまとめてみます。

<海外サーバーを利用した『賭博系/表現系』犯罪の比較>

犯罪のカテゴリ 海外サーバーの機能 海外サーバーの役割 法的性質
賭博系 動的プログラムが中心 大きい 必要的共犯・対向犯
表現系 静的データが中心(※1) 小さい (該当しない)

※1 『性的』の誤記ではない;『性的』ではあるが

要するに表現系は『海外サーバー』は,形式的・便宜的な経由地,という評価につながるのです。
『純粋な日本国内の行為』と実質的に同視する方向につながります。
一方賭博系は『海外サーバー』の実質的な役割が大きいのです。
『純粋な日本国内の行為』とは質的に同じには扱えない,という方向性なのです。