量刑について大まかな目安を教えて下さい。
量刑は,当然ながら,個別的な事情によって大きく異なります。
平均的なものは「相場」の目安をまとめています。

1 量刑に影響する一般的な事情は幅広い
2 量刑の相場

1 量刑に影響する一般的な事情は幅広い

量刑の判断は,多くの事情が対象になります。
典型的な事情をまとめます。

<量刑に影響を及ぼす典型的な事情>

・損害額
・示談成立か否か
・手口が悪質か否か
・突発的な動機か,計画的だったか
・組織的か,単独か
・犯行目的
・犯行によって生じた利益の程度(その使い道)
・被害者にも落ち度があったか否か
・前科・前歴・余罪
・被告人の反省の態度
・被告人の関係者の協力の程度
・被告人の年齢(若くて更正の可能性が高い,など)

2 量刑の相場

犯罪類型(罪名)ごとに,量刑の目安をまとめます。
あくまでも平均的なものです。
個別的な事情によって大きく異なることがあります。
具体的な案件については,ご相談いただくようお勧めします。

<暴行罪>

軽微な態様・示談成立 不起訴
示談不成立 罰金~30万円

<傷害罪>

前科なし,軽傷,示談成立 不起訴
示談不成立 罰金~50万円
被害が大きい 公判(正式裁判)→執行猶予
被害が特に大きい 公判(正式裁判)→実刑

<公務執行妨害罪>

他の犯罪と一緒に成立(併合罪)することが多い 不起訴となることは特に最近は少ない

<窃盗罪>

初犯・余罪なし・被害額は少ない・示談成立 罰金~50万円or執行猶予
同種の前科・余罪が1件程度あり・被害額が大きい 執行猶予
同種の前科・余罪が多い・被害額が特に大きい・示談不成立 実刑

<詐欺罪>

初犯・余罪なし・被害額は小さい・示談成立 不起訴
同種の前科・余罪が1件程度あり・被害額が大きい 執行猶予
組織犯罪・同種の前科・余罪が多い・被害額が特に大きい・示談不成立 実刑4~5年

<横領罪>

初犯・余罪なし・被害額は小さい・示談成立 不起訴or執行猶予
被害額は小さい(数十万円)が示談不成立 実刑数か月~1年

<背任罪>

積極的な関与がない・初犯・余罪なし 不起訴(不起訴の可能性は他の罪名よりも高い)
積極的な関与あり・同種前科・余罪あり・示談不成立 実刑3~4年

<恐喝罪>

初犯・余罪なし・被害額小さい・示談成立 不起訴
前科あり・被害額大きい・示談不成立 実刑3~4年

<強盗罪>

初犯・余罪なし・被害額小さい・示談成立 執行猶予or実刑1~2年
被害者に怪我を負わせた(強盗致傷罪) 実刑7~8年

<強姦罪>

初犯・示談成立 執行猶予
前科あり・示談不成立 実刑3~5年

<痴漢(条例違反・強制わいせつ罪)>

初犯・示談成立 不起訴or執行猶予
同種の前科が1件程度あり・示談不成立 罰金~50万円or執行猶予
同種の前科が多い・示談不成立 実刑2~6か月

<違法薬物(覚せい剤・大麻・麻薬取締法違反)>

販売目的の製造・輸出入・使用でも常習性あり 実刑
薬物の使用や所時・初犯・余罪なし・使用や所持の量が少ない 執行猶予

<自動車運転過失致死傷罪>

前科なし・被害者が全治3週間未満・示談成立 不起訴or罰金10万円前後
前科1件程度・被害者が全治3週間以上・示談成立 執行猶予
前科が多い・被害者が重傷・示談不成立 実刑

<危険運転過失致死傷罪>

被害者が軽傷・前科なし・示談成立 執行猶予
被害者が重傷または死亡事故 実刑