1 建築基準法の『道路』の定義|種類
2 2項道路
3 道路・種類×幅員
4 『道路』の種類×確認方法
5 建築基準法の『道路』×他の法律の定義

1 建築基準法の『道路』の定義|種類

建築基準法の『道路』は,『接道義務』をはじめとして多くのルールの基礎となります。
『道路』については,多くの種類に分けられます。

<建築基準法の『道路』の定義|種類>

あ 公道|42条1項1号

『道路法』における『道路』
要するに一般の国道・都道府県道・市町村道です。

い 開発道路|42条1項2号

次の両方に該当する道路
ア 次の許認可を受けて築造された
・都市計画法の開発許可
・土地区画整理法・旧住宅地造成事業に関する法律の許認可
イ 幅員4メートル以上である

う 既存の道路|42条1項3号

『基準時』に現に存在していた道
ア 道路状の形態
イ 一般の方に通行されている

え 新設予定の道路|42条1項4号

2年以内に事業計画(新設の予定)がある道路

お 位置指定道路|42条1項5号

土地所有者が築造し,特定行政庁から位置の指定を受けた道路

か 2項道路|42条2項

古くからある道路の現状を維持するもの(後記※2)

き ただし書き道路・協定道路|43条1項ただし書き

建築基準法上の『道路』ではない
詳しくはこちら|接道義務・接道要件|但し書き道路・協定道路

2 2項道路

『2項道路』についてまとめます。

<2項道路(上記※2)>

あ 基本

次の両方に該当する道路
ア 『基準時』において通路に建築物が建ち並んでいた
イ 特定行政庁が指定した
※建築基準法42条2項

い 基準時

次のうち『早い方』を基準時とする
ア 昭和25年11月23日
建築基準法施行日である
イ 都市計画区域指定の日

う 指定|目安

約1.8メートル=1間を目安として指定した

え ネーミング

次のように呼ぶこともある
『みなし道路』
『細街路(さいがいろ)』
『狭隘道路(きょうあいどうろ)』

3 道路・種類×幅員

建築基準法の『道路』の種類はいろいろなものがあります(前記)。
『幅員』についてまとめます。

<道路・種類×幅員>

2項道路以外の『道路』 幅員4メートル以上
2項道路 幅員4メートル未満

2項道路だけが幅員については例外なのです。

4 『道路』の種類×確認方法

実際に『道路』の種類を確認する場面があります。
調べる方法について整理します。

<『道路』の種類×確認方法>

あ 『道路』確認|重要性

建築基準法42条の『道路』の定義は複雑である
土地売買の際はしっかり確認しておくべきである

い 具体的方法

市区町村役場で確認する
役所によって部署名は異なる
例;土木課

役所では日々確認する人がいます。
窓口でもスムーズに対応してくれます。

5 建築基準法の『道路』×他の法律の定義

他の法律でも道路に関する規制・ルールがあります。
他の法律では,建築基準法の『道路』の定義を準用しているわけではありません。
それぞれの法律で『一般の交通の用に供している』というような定義があるのです。
とは言っても,実際には扱いが同じとなることが多いです。
通常,建築基準法の『道路』は『一般交通の用に供している』に該当するのです。
他の法律も含めた『道路』の扱いについては別に説明しています。
詳しくはこちら|いろいろな法律における『道路』の定義|道路関係・建築関係・刑法・税法