1 契約の無効や不成立と責任(原則)
2 契約締結上の過失の責任の分類

1 契約の無効や不成立と責任(原則)

一般的な契約は無効や不成立となると,文字どおり,契約の効力が生じません。
当たり前ですが,これが大原則です。
しかし,特殊な事情があると例外的に責任が発生することもあります。

<契約の無効や不成立と責任(原則)>

あ 契約責任

契約を(形式的に)締結した
しかし無効(効力不発生)となった場合
→契約による効力は発生しない

い 契約締結上の過失による責任(概要)

契約締結に向けた当事者の行為について
特殊な事情がある場合
→契約責任(あ)以外の責任が発生する

う 『契約締結上の過失』の呼称

発生する責任(い)にはいくつかの種類のものがある(後記※1)
→発生する責任の総称として
『契約締結上の過失』と呼ぶ
※能見善久ほか『論点体系 判例民法5 第2版』第一法規出版2013年p17

2 契約締結上の過失の責任の分類

契約締結上の過失は総称であり,いろいろな責任が含まれます。
分類の仕方は特に決まっていませんが,一般的な分類をまとめます。

<契約締結上の過失の責任の分類(※1)>

あ 契約無効

契約を締結したが無効であった
詳しくはこちら|無効な契約を締結した責任

い 契約交渉破棄

契約締結前に交渉を破棄した
詳しくはこちら|契約締結に向けた交渉を破棄した責任(全体)

う 説明義務違反

契約を締結したが交渉過程での説明に不備があった
詳しくはこちら|不動産売買・建築の欠陥・不備の責任の種類

え 積極的加害

具体的な積極的な加害的な行為があった
※能見善久ほか『論点体系 判例民法5 第2版』第一法規出版2013年p17,18