1 近隣住民と売買に関する責任(総論)
2 近隣住民による環境的要因と売買の責任(まとめ)
3 近隣の暴力団事務所の存在と売買の瑕疵(肯定;※1)
4 特異・迷惑な住人と売買に関する責任(概要)

1 近隣住民と売買に関する責任(総論)

不動産の売買の後に,周辺環境について想定外の事情が発覚するケースがあります。
売主や仲介業者の法的責任が認められることもあります。
周辺環境の内容として,近隣の住民の事情が問題となることもあります。
本記事では,近隣住民によって生じる問題の種類や責任を説明します。

2 近隣住民による環境的要因と売買の責任(まとめ)

近隣住民によって,好ましくない環境となることもあります。
具体的な問題の種類や法的責任の種類をまとめます。

<近隣住民による環境的要因と売買の責任(まとめ)>

あ 具体的内容

ア 近隣に暴力団事務所が存在する(後記※1)
イ 特異・迷惑な言動をする住人が存在する(後記※2)

い 法的責任

ア 瑕疵担保責任
比較的古くから認める裁判例がある(後記※1)
イ 説明義務違反
平成16年大阪高裁判例で認められている
売主・売り側仲介業者のいずれも責任が認められた
詳しくはこちら|住居売買後の迷惑な隣人の発覚と売主・仲介の責任(肯定裁判例)
この裁判例以前の裁判例は見当たらない
※石川博康『売主および仲介業者の説明義務と隣人に関する事情』/『NBL804号』2005年3月p17

3 近隣の暴力団事務所の存在と売買の瑕疵(肯定;※1)

近隣住民による住環境の悪化のケースの典型の1つは暴力団事務所の存在です。
売買の後に暴力団事務所の存在が発覚し,瑕疵担保責任が認められた裁判例を紹介します。

<近隣の暴力団事務所の存在と売買の瑕疵(肯定)>

あ 事案

Aは宅地を購入した
目的=自宅事務所件賃貸マンションの建設用地として
近くの建物に暴力団事務所が存在した
売買に際して説明を受けていなかった

い 瑕疵担保責任

環境について『瑕疵』と認めた
→売主の損害賠償責任を認めた

う 賠償額

売買代金の2割相当額を賠償額として認めた
※東京地裁平成7年8月29日

4 特異・迷惑な住人と売買に関する責任(概要)

近隣住民による住環境の悪化のケースとして,特異・迷惑な言動をする住人が存在するものもあります。

<特異・迷惑な住人と売買に関する責任(概要;※2)>

不動産の売買の後において
近隣に特異・迷惑な言動をする住人の存在が発覚した場合
→瑕疵担保責任や説明義務違反が認められることがある
詳しくはこちら|住居売買後の迷惑な隣人の発覚と売主・仲介の責任(肯定裁判例)