1 共有の状態を維持するニーズ|典型例
2 共有状態の維持×ハードル
3 共有維持×信託の活用|概要

1 共有の状態を維持するニーズ|典型例

共有不動産は一般的には解消することが好ましいです。
そこで共有物分割を行うことがよくあります。
詳しくはこちら|共有物分割|全体|手続・分割類型の種類・当事者・登記の要否
しかし,状況によっては逆に『共有を維持』するニーズもあります。
典型的な事情をまとめます。

<共有の状態を維持するニーズ|典型例>

あ 収益物件

共有のビルを賃貸しているケース
→賃料収入を共有者で分配している
→この状態を安定的に維持したい

い 共有者の居住

共有のビルの一部(1室)に共有者が居住している
→ビルが第三者の手に渡ると退去を請求される
→売却という可能性を排除したい

2 共有状態の維持×ハードル

共有状態を維持することについては困難・障害があります。
共有維持のハードルを整理します。

<共有状態の維持×ハードル>

あ 基本

共有状態を維持することについて
→次の『あ・い』のようなトラブル発生リスクがある
=共有状態を維持するハードルである

い 共有物分割リスク

共有者は『共有物分割請求』ができる
禁止する『分割禁止特約』を合意することができる
→期間制限・対抗要件などのハードルがある
→共有状態の維持が困難である
詳しくはこちら|共有物分割禁止特約|最長5年・登記・共有状態の維持ニーズ

う 共有者の変更リスク

共有持分譲渡・相続を禁止できない
→共有者が繰り返し変わることになる
→人的関係性・信頼関係を元にした運営ができなくなる

3 共有維持×信託の活用|概要

共有の状態を維持することのハードルは高いです(前記)。
この点,『信託』を活用した対応策・工夫もあります。
ちょっと手間がかかりますが,実質的な共有の維持をしやすくなります。
これについては別に説明しています。
詳しくはこちら|実質的共有状態の維持|信託受益権化・資産管理会社の活用