1 共有物分割訴訟×現物分割回避|具体例
2 共有物分割訴訟×現物分割回避|戦略

1 共有物分割訴訟×現物分割回避|具体例

共有物分割訴訟では特有の対立状況が生じることがあります。
『現物分割』を回避するためのかけひきです。
具体的な状況をまとめます。

<共有物分割訴訟×現物分割回避|具体例(※1)>

あ 物理的状況

共有物分割訴訟の審理中である
物理的には『現物分割』が可能である

い 当事者の希望

当事者の希望は次の2つで対立している
ア 全面的価格賠償
イ 換価分割

う 裁判官の心証開示

裁判官が次のように心証を開示した
『このまま判決まで行った場合,現物分割の判決を書くことになります』
詳しくはこちら|分割類型|選択基準=優先順序|全体

え 思惑

仮に『現物分割』の判決となった場合
→当事者双方にとって不利益が大きい

2 共有物分割訴訟×現物分割回避|戦略

前記の状況に該当するケースは多いです。
この場合には,当事者相互の思惑からかけひきが生じます。
戦略・思惑の構造を整理します。

<共有物分割訴訟×現物分割回避|戦略>

あ 前提事情

前記※1の事情を前提とする

い 思惑

当事者双方が『現物分割』を避けたいと思っている
→相手が譲歩する可能性を推し量る状態になる
→いわゆる『チキンレース』の状況である