1 土地賃借権×準共有|基本
2 土地賃借権の準共有×建物所有による単独占有
3 土地賃借権の準共有×転貸による単独占有
4 共有者の使用権限|判例|概要

1 土地賃借権×準共有|基本

所有権以外についての共有も認められます。
『準共有』と呼びます。
詳しくはこちら|準共有|基本・全体|具体例|共有の規定vs特別法の規定
本記事では賃借権の準共有について説明します。
まずは準共有を認める判例をまとめます。

<土地賃借権×準共有|基本>

土地賃借権について
→準共有を認める
※大判大正11年2月26日
※大判昭和8年11月22日

2 土地賃借権の準共有×建物所有による単独占有

共有者の1名が共有物を単独占有するケースがあります(後記※1)。
土地賃借権の準共有でも同様の状況があります。
土地賃借権の準共有者の1名がの土地を単独で占有するというものです。
『準共有者1名が単独所有する建物』によって占有するタイプがあります。
これについての判例の解釈をまとめます。

<土地賃借権の準共有×建物所有による単独占有>

あ 賃借権の準共有・単独占有

土地の賃借権をA・Bが準共有している
土地上の建物はBが単独所有している
=土地をBが単独で占有している

い 明渡請求

AがBに対して建物収去土地明渡を請求した

う 判例法の準用

一般の共有に関する判例(後記※1)を準用した
→Aの請求を認めなかった
※東京地裁昭和60年12月18日
※東京高裁平成元年1月31日

3 土地賃借権の準共有×転貸による単独占有

土地賃借権の準共有者による土地の単独占有をもう1つ紹介します。
『土地の転貸』によって1名が単独占有するというものです。
前提の状況も解釈の内容もちょっと複雑になります。

<土地賃借権の準共有×転貸による単独占有>

あ 賃借権の準共有

土地の賃借権をA・Bが準共有している
Aが転借人Cに土地を転貸している

い 明渡請求|通常

一般の共有に関する判例(後記※1)を準用した
→AはB・Cに対して明渡を請求できない
『代位行使』でも同様である

う 明渡請求|代位行使

ア 前提=土地所有者の立場
貸主=土地所有者Dとの間では
→賃借人はAのみとなっている
Dの立場からは,Cは形式的に占有権原がない
DからCへの明渡請求という可能性がある
イ 代位行使→否定
AがDに代位してCに対して明渡請求する方法について
→結果的には認められない
※最高裁昭和52年3月31日

4 共有者の使用権限|判例|概要

前記の判例は『一般的な共有』で同様の判例を準用しています。
元となっている判例の概要をまとめます。

<共有者の使用権限|判例|概要(※1)>

共有者は共有物全体を使用する権限がある
共有持分割合による制限はある
結局,他の共有者による引渡請求は認められない
※最高裁昭和41年5月19日
※最高裁平成8年12月17日
詳しくはこちら|共有者自身の1人による使用|基本|原則・例外=相続・内縁関係