1 持分買取権・持分放棄・共有物分割請求|概要
2 共有解消制度・比較
3 持分放棄|全体的特徴
4 持分買取権|全体的特徴
5 共有物分割請求|全体的特徴
6 持分買取権×共有物分割請求|解決戦略

1 持分買取権・持分放棄・共有物分割請求|概要

共有の状態を解消することにつながる制度はいくつかあります。
関連する制度を比較しつつ説明します。
まずは3つの制度の概要を整理します。

<持分買取権・持分放棄・共有物分割請求|概要>

あ 持分買取権|概要

共有者間で共有持分を強制的に買い取る
※民法253条2項
→買い取られた者は共有関係から離脱する
詳しくはこちら|持分買取権|基本|流れ・期間・起算点・通知方法

い 持分放棄|概要

放棄した者の共有持分が他の共有者に帰属する
→放棄した者は共有関係から離脱する
詳しくはこちら|共有持分放棄|基本|典型例・通知方法・法律構成

う 共有物分割請求

共有状態を解消する
分割類型の1つに全面的価額賠償がある
=共有者の1人が他の共有持分を買い取るという内容
→持分買取権と似た結果となる
※民法258条
詳しくはこちら|全面的価額賠償|不動産の使途・金額・資力で認められる

2 共有解消制度・比較

前記の3つの手続の比較事項を表にまとめます。

<共有解消制度・比較(※1)>

比較項目 持分買取権 持分放棄 共有物分割
共有状態の解消
最終結果の確実性 中程度 確実 不確実
対価・代金の発生 対価を払う 対価を得られない 対価が生じる
手続・手間の大きさ 中程度 小さめ 大きめ

この中の項目については,次に説明します。

3 持分放棄|全体的特徴

共有持分の放棄の特徴を整理します。
前記※1の項目に沿ってまとめます。

<持分放棄|全体的特徴>

あ 共有関係からの離脱

放棄をした者は共有関係から外れることになる
残る権利者が1名であれば共有状態が解消される

い 最終結果の確実性

通知により確実に単純な法的効果が発生する
→確実である

う 対価・代金の取得

放棄した者は『失った共有持分の対価』を得られない

え 手続・手間の大きさ

通知だけで単純な法的効果が発生する
『登記の引取』について訴訟が必要なこともある
→その場合でも訴訟は小規模である
詳しくはこちら|共有持分放棄|登記・対抗関係|課税・登記引取請求

4 持分買取権|全体的特徴

持分買取権の特徴を整理します。
前記※1の項目に沿ってまとめます。

<持分買取権|全体的特徴>

あ 共有関係からの離脱

持分買取の相手方は共有持分を失う
→共有関係から離脱させられる

い 最終結果の確実性

通知により法的効果が発生する
『金額の妥当性』で有効性に影響がある
→確実性は中程度である

う 対価・代金の発生

持分買取権の行使者は『対価』を支払う必要がある

え 手続・手間の大きさ

法的効果は通知だけで生じる
しかし『金額』について見解の対立が生じやすい
→その場合は解決のために訴訟を要することになる
→訴訟は『金額の評価』が主な審査対象となる
→一般的な訴訟よりは規模が小さい
手続全体では『中程度』と言える

5 共有物分割請求|全体的特徴

共有物分割請求の特徴を整理します。
前記※1の項目に沿ってまとめます。

<共有物分割請求|全体的特徴>

あ 共有状態の解消

『単独所有』の状態となる
=共有状態が解消される

い 最終結果の確実性

大きく3つの分割類型がある
細かい要件により選択結果が決まる
→最終結果の予測の確実性は高くない傾向がある

う 対価・代金の発生

実質的な平等・公平が図られる
共有持分を失う者はその対価を得ることになる
共有持分を得る者はその対価を支払うことになる

え 手続・手間の大きさ

共有者全員が合意しないと分割協議は成立しない
→その場合は訴訟を要することになる
→訴訟では多くの事情が判断材料となる
例;各共有者の希望・物理的状況・利用状況・資力
→主張・立証の量が多い
→一般的・平均的な訴訟の規模と言える
手続全体では手間・規模が大きめと言える

6 持分買取権×共有物分割請求|解決戦略

以上で3つの似ている制度を比較しました。
3つのうち,持分買取権と共有物分割は特に似ています。
実務ではどちらを選択するか,という戦略が重要になります。
実務的・戦略的な選択についてまとめます。

<持分買取権×共有物分割請求|解決戦略>

あ 前提事情

共有者の1人が『共有物の所有権(全体)』を欲しい

い 戦略・選択肢

次のアクションの選択が考えられる
ア 共有物分割請求
イ 持分買取権

う マイナーな制度

上記『イ』は制度自体が知られていない傾向がある

え 解決戦略

上記『ア・イ』は異なる特徴がある
個別的事情により最適な手法を選択すると良い
両方を請求する=併用することもある
例;一方を予備的に主張する