1 『保存』行為|基本
2 『保存』行為|具体的内容|全体
3 妨害排除請求|概要

1 『保存』行為|基本

広義の『管理』行為の分類の1つに『保存』行為があります。
詳しくはこちら|共有物の変更・管理・保存|基本|必要な共有者の持分割合
本記事では共有物の『保存』行為について説明します。
最初に『保存』行為の基本的事項をまとめます。

<『保存』行為|基本>

あ 意思決定|要件

各共有者が単独で行うことができる
※民法252条ただし書き

い 保存|解釈|基本

次の両方に該当する行為
ア 物理的な現状を維持すること
イ 他の共有者に不利益が及ばない

2 『保存』行為|具体的内容|全体

『保存』行為の具体的内容・典型例をまとめます。

<『保存』行為|具体的内容|全体>

あ 修繕

共有物を修繕すること

い 腐敗し易い物の売却

腐敗し易い物を売却=換価する
これにより『価値がすぐには下がらない』状態となる

う 妨害排除請求

無権利者に対する次のような請求がある(後記※1)
ア 明渡請求
イ 抹消登記請求
※最高裁昭和31年5月10日;『イ』について

え 法定相続登記

法定相続による所有権移転登記を申請すること
詳しくはこちら|相続に関する登記申請|非協力者の存在×証書真否確認訴訟・給付訴訟

3 妨害排除請求|概要

妨害排除請求というのはちょっと広い概念です。
具体的な内容をまとめます。

<妨害排除請求|概要(※1)>

あ 明渡請求

共有物が第三者Aに不法に占有されている
→Aに対して明渡請求を行う

い 抹消登記請求

共有不動産の登記に無権利者Aの登記が存在する
→Aに対して抹消登記請求を行う
詳しくはこちら|共同訴訟形態|第三者への請求|妨害排除|返還・明渡・抹消登記請求