1 接道義務・接道要件|基本
2 東京都|大規模建物×接道義務加重
3 建築基準法43条1項ただし書の許可|要件
4 協定道路
5 建築主の了承×接道義務

1 接道義務・接道要件|基本

建築基準法では『接道義務』が定められています。

<接道義務・接道要件|基本>

あ 規定

『建物の建築』をするための『敷地』
→『道路』に2メートル以上接していなくてはならない
※建築基準法43条

い 具体的状況

道路から建物に入るための『間口』が2メートル以上必要である

う 接道義務・重要性

『接道義務』を満たさない場合
→土地を買っても家を建てられないことになる
救済的な例外もある

2 東京都|大規模建物×接道義務加重

大規模な建物では,接道の基準が高くなることがあります。
条例で決められているので,地域によって違います。
東京都の例を挙げておきます。

<東京都|大規模建物×接道義務加重>

あ 前提事情

次の両方に該当する
ア 延べ床面積が3000平方メートルを超える
イ 建築物の高さが15メートルを超える

い 接道義務|加重

次の両方を満たす必要がある
ア 接道部分10メートル以上
イ 幅員6メートル以上

う 典型例

アパート・マンション
店舗
工場
※東京都建築安全条例4条

3 建築基準法43条1項ただし書の許可|要件

『道路』に接していない場合にも建物の建築を可能とする方法があります。
『建築基準法43条1項ただし書による許可』の制度です。
敷地前面通路を『道路とみなす』わけではありません。
許可により,『接道義務』を免除するというものです。
許可される事情を整理します。

<建築基準法43条1項ただし書の許可|要件>

あ 基本

次の『い〜え』のいずれかに該当する場合
→許可される

い 敷地の周囲に広い空地がある

例;公園・緑地・広場など

う 敷地が公共用通路に2メートル以上接する

幅員4メートル以上が必要
例;農道など

う 協定道路(後記※1)

敷地が適切な幅員を有する『通路』に接する
幅員=避難・通行の安全のために適切である
通路は通常私有地である
※建築基準法施行規則10条の2の2

4 協定道路

協定道路の内容についてまとめます。

<協定道路(※1)>

あ 前提事情

私道の所有者が隣接地の『通路』として使用することを承諾する
『協定書』に調印する

い 許可申請

『通路』として使用する者が役所に『許可申請』を行う

う 審査

避難・通行の安全のために適切である場合
→許可される

え ネーミング

ア 『協定道路』
イ 『但し書き道路』
建築基準法43条1項ただし書の許可を受けた通路という意味

5 建築主の了承×接道義務

接道義務は『関係者の了承』では免除されません。

<建築主の了承×接道義務>

あ 建築主の発想

土地を購入しようと思っている
道路との接している『間口』が2メートル未満である
入り口として不便だけれど,車を持っていないので,駐車場は不要である
困らないので問題ないと思う

い 近隣住民の迷惑

救急車・消防車などの自動車の通行に支障が出る
災害時の救命活動がスムーズにできなくなる
→延焼拡大・死傷者増加につながる

う 法的扱い

接道義務は『一定の住民の承諾』があっても免除されない