1 建築基準法・『道路』×建築制限
2 私道の整備・管理×国・地方自治体
3 私道の廃止×制限

1 建築基準法・『道路』×建築制限

建築基準法の『道路』にはいくつかの種類があります。
その中には公道も,私有地も含まれます。
いずれも建築基準法による制限があります。

<建築基準法・『道路』×建築制限>

あ 規制内容

『道路』内に建築物・擁壁を建築・築造できない
※建築基準法44条

い 禁止される建築物・工作物の例

ア 建物本体
イ 建物のひさし
ウ 雨樋
エ ドアの『外開き部分』
オ 塀
カ 門
キ 煙突

2 私道の整備・管理×国・地方自治体

私道が『道路』に該当することがあります。
この場合の整備・管理に関する事項をまとめます。

<私道の整備・管理×政府・地方自治体>

あ 私道×管理|基本

私道は,文字どおり『私有地』である
国・地方自治体は管理を行わない
例;舗装・側溝の設置・整備

い セットバック×私有地

セットバックした場所について
→『私有地』に変わりはない
詳しくはこちら|セットバック・敷地後退|既存不適格×再築

う 制限×負担

『道路』は『敷地にできない』という制限がある
そこで『管理』からも解放して欲しいという発想がある
しかし原則的にそのようなルールはない

え 例外的扱い

『セットバック部分の管理』を行う自治体もある
自治体により条件・範囲が異なる

3 私道の廃止×制限

いったん『私道』として使用を開始すると『廃止』は制限されます。
私道廃止の制限の内容をまとめます。

<私道の廃止×制限>

あ 公道と公道の貫通型

私道所有者全員の同意があっても廃止できない

い 行き止まり型

次の両方に該当する場合
→『廃止』が認められる
ア 私道所有者全員の同意
イ 敷地全体を一体として使う建築物を作る
※建築基準法45条

私道廃止ができない場合は『建物などの建築禁止』が続きます。