1 死体放置→異臭・変色×心理的瑕疵|概要
2 性風俗店として使用×心理的瑕疵|事案
3 性風俗店として使用×心理的瑕疵|裁判所の判断

1 死体放置→異臭・変色×心理的瑕疵|概要

過去の人の死は『心理的瑕疵』に該当することがあります。
心理的瑕疵の判断では死因や死亡時期が重要です。
それ以外の個別的な特殊事情も大きく影響します。
特殊事情が考慮された判例を紹介します。

<死体放置→異臭・変色×心理的瑕疵|概要>

あ 特殊事情

死後,死体が長期間放置された
異臭発生・建物内部の変色が生じた

い 心理的瑕疵|一般論

『あ』の事情により『瑕疵』が認められることもある

う 判例・概要

競売において特殊事情があった
死因不明の死体が約4か月間放置されていた
→『売却許可取消』となった
※名古屋高裁平成22年1月29日
詳しくはこちら|競売×『人の死』発覚→売却不許可or売却許可取消|判断基準・事例

この判例は『競売』についての『売却許可取消』というものです。
一般的な売買での『瑕疵担保責任』でも判断は同様と言えるでしょう。

2 性風俗店として使用×心理的瑕疵|事案

心理的瑕疵の対象は『人の死』だけではありません。
死亡以外の『過去の事情』が心理的瑕疵として認められることもあります。
過去の『営業内容』が心理的瑕疵として認められた判例を紹介します。
まずは事案をまとめます。

<性風俗店として使用×心理的瑕疵|事案>

あ 経緯

建物の売買契約が締結された
その後『過去の建物の使用状況』が発覚した
性風俗的な営業が行われていた

い ノーマル|マッサージ業

アロマセラピーと称するマッサージ業
女性のアロマセラピストが施術する
芳香性のエッセンシャルオイルを顧客の身体に塗布する
マッサージを行う

う 裏オプション|性的サービス

男性の顧客の要望により
→性的サービスを行うこともあった
風営法上の『店舗型・無店舗型の性風俗特殊営業』に該当する

3 性風俗店として使用×心理的瑕疵|裁判所の判断

上記事案について,裁判所の判断をまとめます。

<性風俗店として使用×心理的瑕疵|裁判所の判断>

あ 事案の評価

相当長期間にわたって性風俗特殊営業に使用されていた
現在,建物の使用=居住により
→『通常人として耐え難い程度の心理的負担』を負う
建物の財産的価値を減少させる

い 結論

『瑕疵』に当たる
※福岡高裁平成23年3月8日