1 飼犬→猫攻撃・死亡|慰謝料20万円
2 飼犬→犬攻撃・死亡|慰謝料50万円
3 飼犬→犬攻撃・死亡|慰謝料・特殊事情
4 飼犬→犬攻撃・死亡|慰謝料3万円
5 飼犬→犬攻撃・傷害|判例|事案
6 飼犬→犬攻撃・傷害|判例|慰謝料1万5000円

1 飼犬→猫攻撃・死亡|慰謝料20万円

ペットが他のペットを攻撃してしまうことがあります。
本記事では,結果としてペットが死亡・負傷した事例を紹介します。
まずは被害者が『猫』であった悲しい事例です。

<飼犬→猫攻撃・死亡|慰謝料20万円>

あ 悲しい事案

飼犬Aが,別の飼主の愛猫Bを噛み殺した
被害猫は18年間にわたる飼育・同居の想い出があった

い 加害犬の飼主の冷酷主張

被害猫は老齢・雑種のありふれた飼い猫である
→市場での流通性がない
→市場価値がない

う 裁判所の判断

愛猫は飼主が長年連れ添っていた
飼主にとって家族同然である
目の前で噛み殺される苦痛は甚大である
→慰謝料を20万円と認めた
※民法718条
※大阪地裁平成21年2月12日

2 飼犬→犬攻撃・死亡|慰謝料50万円

愛犬が死亡した事例です。
慰謝料として高めの金額が認められました。

<飼犬→犬攻撃・死亡|慰謝料50万円>

あ 悲しい事案

飼犬Aが飼犬Bに噛み殺した

い 裁判所の判断|財産的損害
項目 金額
犬の価値=購入代金の3分の1 5万円
犬の診療代金 1万4900円
死亡診断書作成費 8000円
火葬代金 1万7850円
噛まれた飼主の治療費 1万9100円
う 裁判所の判断|慰謝料

特殊な事情があった(※1)
→複数の飼主の合計50万円を認めた

え 裁判所の判断|弁護士費用

弁護士費用として6万円を損害として認めた
※名古屋地裁平成18年3月15日

3 飼犬→犬攻撃・死亡|慰謝料・特殊事情

前記事例において慰謝料が認められた理由をまとめます。

<飼犬→犬攻撃・死亡|慰謝料・特殊事情(上記※1)>

飼主は飼育に日常的に携わっており,犬を溺愛していた
飼主は愛犬が襲われる場面を目の当たりにした
飼主は愛犬を救えなかった呵責の念を負い,いまだに断ち切れない
飼主自身が助けようとした時に負傷した
※名古屋地裁平成18年3月15日

4 飼犬→犬攻撃・死亡|慰謝料3万円

犬が死亡したことについて慰謝料が認められた事例です。

<飼犬→犬攻撃・死亡|慰謝料3万円>

あ 悲しい事案

飼犬Aが飼犬Bに噛み殺した
被害犬Bはポメラニアンであった

い 裁判所の判断|財産的損害

犬Bは死亡当時8歳前後であった
老犬期に入った時期である
血統書の存否がわからない
→財産的損害を8万円と認めた

う 裁判所の判断|慰謝料

犬同士の本能的行動による事故である
→慰謝料を3万円と認めた
※春日井簡裁平成11年12月27日

5 飼犬→犬攻撃・傷害|判例|事案

犬が死亡したことについて慰謝料が認められた判例を紹介します。
まずは事例をまとめます。

<飼犬→犬攻撃・傷害|判例|事案>

あ 噛み付き事故

飼犬A=雑種,が飼主と散歩していた
飼主は犬Aを係留していなかった
飼犬B=雑種柴犬,が飼主自宅の庭内・玄関横に係留されていた
犬Aが侵入し,犬Bの咽喉部などに噛み付いた
犬Bは重傷を負った

い 惨状

犬Bは破れた咽喉から直接呼吸していた
相当重傷であり,一時は死亡すると思われた

う 回復

約2週間の入院・治療を行った
最終的に全治し飼主の元に戻ってきた
※東京地裁昭和44年3月1日

6 飼犬→犬攻撃・傷害|判例|慰謝料1万5000円

前記事例について裁判所が認めた賠償内容をまとめます。

<飼犬→犬攻撃・傷害|判例|慰謝料1万5000円>

あ 損害算定
項目 金額
治療費 3万4500円
慰謝料 1万5000円
い 慰謝料を認めた特殊事情

飼主は犬Bを約4年間飼育していた
毎期散歩させ,家族の一員のように愛育していた
飼主は愛犬Bの無残な姿を目にした
飼主は高血圧・心筋障害に罹り病院に通院した
犬Bの傷害によるショックが間接の原因となっている
※東京地裁昭和44年3月1日