1 交通事故・犬死亡|慰謝料5万円
2 交通事故・犬死亡|慰謝料10万円
3 交通事故・犬・後遺症|事案・後遺障害
4 交通事故・犬・後遺症|慰謝料40万円
5 交通事故・犬・後遺症|慰謝料・特殊事情
6 交通事故・犬・後遺症|過失相殺
7 交通事故・盲導犬死亡|事案
8 交通事故・盲導犬死亡|価値算定方法

1 交通事故・犬死亡|慰謝料5万円

本記事では交通事故によりペットが死傷したケースを紹介します。
例外的に『慰謝料』が認められることもあります。
(別記事『ペット死亡・負傷|損害賠償』;リンクは末尾に表示)
最初に犬の死亡によって慰謝料5万円が認められた判例です。

<交通事故・犬死亡|慰謝料5万円>

あ 事案

Aが自動車を運転していた
酒気帯び・居眠りの状態であった
自動車が歩行者Bとその飼犬Cに衝突した
B・犬Cが死亡した

い 犬死亡・慰謝料

Bの夫が犬Cを長年家族同然に飼っていた
→飼主の慰謝料5万円を認めた
※東京高裁平成16年2月26日

2 交通事故・犬死亡|慰謝料10万円

愛犬の死亡についての慰謝料として10万円が認められた判例です。

<交通事故・犬死亡|慰謝料10万円>

あ 事案

交通事故により飼犬に次の死傷が生じた

犬種 被害
パピヨン 死亡
シーズー 坐骨骨折
い 裁判所の判断|損害賠償責任

パピヨンの死亡について
→次の賠償責任を認めた
項目 金額
財産的損害=市場価値 15万円
火葬費用 2万2000円
慰謝料 10万円
※大阪地裁平成18年3月22日

3 交通事故・犬・後遺症|事案・後遺障害

愛犬が死亡しなかったけれど『後遺症を負った』ケースを紹介します。
例外的に『慰謝料』が認められています。
まずは事案内容を整理します。

<交通事故・犬・後遺症|事案・後遺障害>

あ 交通事故

飼犬Aが交通事故に遭った
ラブラドールレトリバーであった
犬Aは次の後遺障害を負った

い 後遺障害

第2腰椎圧迫骨折→後肢麻痺
※名古屋高裁平成20年9月30日

4 交通事故・犬・後遺症|慰謝料40万円

前記の事案について裁判所の認めた賠償内容をまとめます。

<交通事故・犬・後遺症|慰謝料40万円>

あ 損害賠償責任|メイン
項目 金額
治療費 11万1500円
車いす製作料 2万5000円
慰謝料 夫婦合計40万円(※1)
い 過失相殺

被害者の過失割合を1割とする(※2)

う 弁護士費用

5万円を認めた
※名古屋高裁平成20年9月30日

5 交通事故・犬・後遺症|慰謝料・特殊事情

前記の事案で慰謝料が認められた理由をまとめます。

<交通事故・犬・後遺症|慰謝料・特殊事情(上記※1)>

飼主夫婦には子供がいなかった
飼主は犬を我が子のように思って愛情を注いで飼育していた
犬は家族の一員のように,飼主にとってかけがえのない存在であった
飼犬Aは重い傷害を負った
→死亡した場合に近い精神的苦痛を飼主が受けた
※名古屋高裁平成20年9月30日

6 交通事故・犬・後遺症|過失相殺

前記の事案について,裁判所は過失相殺を認めました。

<交通事故・犬・後遺症|過失相殺(上記※2)>

飼主は犬Aを車に同乗させていた
動物の体を固定するため措置を講じていなかった
例;犬用シートベルト
→過失割合は1割とする
※名古屋高裁平成20年9月30日

7 交通事故・盲導犬死亡|事案

交通事故により盲導犬が亡くなった悲しい事案です。
損害について細かく算定しているので参考になる判例です。
まずは事案内容をまとめます。

<交通事故・盲導犬死亡|事案>

トラックの運転手が操作ミスをした
トラックが歩行中の盲導犬に衝突した
盲導犬が死亡した
※名古屋地裁平成22年3月5日

8 交通事故・盲導犬死亡|価値算定方法

前記の事案について裁判所が行った価値算定方法をまとめます。

<交通事故・盲導犬死亡|価値算定方法>

あ 盲導犬の客観的価値|算定方法

客観的価値= 育成費用× 残余活動期間/フル活動期間
要するに『減価償却』の考え方である

い 育成費用

453万1037円と認めた

う 期間計算
項目 期間
盲導犬としてのフル活動期間 10年
残余活動期間 約5年
え 盲導犬の客観的な価値|結論

約453万円× 5/10
→260万円
※名古屋地裁平成22年3月5日