1 ローン特約×融資実現努力義務
2 ローン特約×ローン壊し|基本
3 ローン特約×ローン壊し|類型|融資申込関連
4 ローン特約×ローン壊し|類型|買主の対応関連

1 ローン特約×融資実現努力義務

不動産売買契約では『ローン特約』が活用されています。
(別記事『ローン特約・全体』;リンクは末尾に表示)
ローン特約がある場合,当然,買主は融資実現に向けた行動をします。

<ローン特約×融資実現努力義務>

買主は融資実現に向けた努力をする義務がある
金融機関の調査・審査に全面的・真摯に協力すべきである
※民法1条2項
※最高裁平成11年6月29日
※水戸地裁平成7年3月14日

この義務が問題なるのは『融資承認が得られなかった』場合です。
次に説明します。

2 ローン特約×ローン壊し|基本

買主が意図的に融資不承認に誘導することもあり得ます。
いわゆる『ローン壊し』と呼ばれるものです。
これについての法的な解釈論をまとめます。

<ローン特約×ローン壊し|基本>

あ 努力不足|一般論

故意に解除条件の成就を作出した場合
→『条件成就の効果』を主張できない
※民法130条

い ローン特約×ローン壊し|前提事情

次のような事情である
ア 買主が意図的に承認不可となるように行動した
イ 審査の承認に向けた真摯な努力がなかった
ウ 『客観的障害』以外の理由による承認不可

う ローン特約×ローン壊し|解釈論

ローン特約による解除はできない
※民法130条類推解釈
※最高裁平成11年6月29日
※水戸地裁平成7年3月14日

『ローン壊し』は当然買主に責任が生じるのです。

3 ローン特約×ローン壊し|類型|融資申込関連

実際にローン壊しとしてトラブルになる種類をまとめます。
典型的な事例を大きく2グループに分けて整理します。
最初に『融資申込』時点での問題だけをまとめます。

<ローン特約×ローン壊し|類型|融資申込関連>

あ 金融機関の選択

例;『ノンバンク』へ申込をしない

い ローン商品・内容の選択

例;金利が高いものは申込をしない

う 物件に関する理由による不承認

例;買主の支払能力は十分あるが物件の状況により不承認となった

4 ローン特約×ローン壊し|類型|買主の対応関連

ローン壊しの類型のうち『買主の対応』が問題なるものをまとめます。

<ローン特約×ローン壊し|類型|買主の対応関連>

あ 担保設定の有無

例;別の不動産への担保設定を拒否する

い 連帯保証人の用意

例;連帯保証人を要請→用意しない

お 勤務先の退職・転職

例;買主が退職した→審査が不承認となる

う 融資申込金額

例;購入金額全額or一定額を控除した金額

以上のそれぞれの具体的な事案・判例は別記事でまとめてあります。
(別記事『ローン壊し・事例・融資申込』;リンクは末尾に表示)
(別記事『ローン壊し・事例・買主の対応』;リンクは末尾に表示)