1 共有物の『処分』|基本的事項|全員の同意が必要
2 共有物の『処分』|解釈論・具体例
3 『保存行為』|概要|単独で遂行可能・集会決議不要
4 『保存行為』|具体例|清掃・補修

1 共有物の『処分』|基本的事項|全員の同意が必要

区分所有法の集会(総会)では,決議事項によって決議要件が異なります。
(別記事『集会・基本』;リンクは末尾に表示)
本記事では『処分』と『保存行為』について説明します。
最初に『処分行為』についてまとめます。
民法の規定が適用され『全員の同意が必要』となるというものです。

<共有物の『処分』|基本的事項>

共有物の『処分』に該当する行為
→『共有者=区分所有者』全員の同意が必要
※民法251条

共有物の『処分』については別記事で説明しています(リンクは後記)。

2 共有物の『処分』|解釈論・具体例

共有物の『処分』の解釈論と該当する行為の具体例をまとめます。

<共有物の『処分』|解釈論・具体例>

あ 『処分』|基本的解釈

次の2つが含まれる
ア 法律的処分
イ 物理的変化

い 『処分』|具体例

専有部分を共用施設に変更する
=区分所有者全員により専有部分を取得する
例;空き店舗・空きオフィスなど→集会室に変更する

3 『保存行為』|概要|単独で遂行可能・集会決議不要

マンションの共用部分に関する工事は,すべて集会が必要,というわけではありません。
『保存行為』として集会決議が不要というものもあります。

<『保存行為』|概要>

あ 『保存行為』|基本的解釈

現状を維持・存続させるために必要不可欠な行為

い 実行権限

各共有者が単独で行うことができる
『集会』の開催自体が不要である
※区分所有法18条

4 『保存行為』|具体例|清掃・補修

『保存行為』に該当する行為の具体例をまとめます。

<『保存行為』|具体例>

あ 清掃

共用部分の清掃

い 補修

漏水によって水浸しになった部屋の補修

『保存行為』については共有物における判断と同様です。
別記事で説明しています。
詳しくはこちら|共有物の変更・管理・保存の判別と必要な共有者の数