1 賃料の長期不払い×信頼関係破壊
2 不動産の損壊×信頼関係破壊
3 建物の無断改築・特約違反×信頼関係破壊
4 建物の無断改築・承諾拒否を無視×信頼関係破壊
5 用途外使用×信頼関係破壊

信頼関係破壊理論や背信行為論について判断した判例のうち『賃借権譲渡・転貸』以外のケースについてまとめます。

1 賃料の長期不払い×信頼関係破壊

『賃料の長期不払い』が『信頼関係を破壊する』と認められた事例です。

<賃料の長期不払い→信頼関係破壊>

あ 事案|例

滞納期間=9年10か月
賃借人が,対象不動産を『自己所有』と主張し続けた

い 裁判所の判断

信頼関係が破壊された
※最高裁昭和49年4月26日

2 不動産の損壊×信頼関係破壊

賃貸の対象建物を失火により焼失させてしまった事例です。

<対象不動産の損壊→信頼関係破壊>

あ 事案|例

対象の建物について,賃借人の過失により火災が発生した

い 裁判所の判断

信頼関係が破壊された
※最高裁昭和27年4月25日
※最高裁昭和47年2月18日

3 建物の無断改築・特約違反×信頼関係破壊

借地契約の特約に違反して建物を改築(建築)した,という事例です。

<対象建物の無断改造→信頼関係破壊>

あ 事案|例

土地賃貸借のケース
バラックの所有のみという特約があった
賃借人がバラックを大規模に改造し『建物』にした

い 裁判所の判断

信頼関係が破壊された
※最高裁昭和31年6月26日
※最高裁昭和38年9月27日

4 建物の無断改築・承諾拒否を無視×信頼関係破壊

地主の拒絶を無視して,借地人が建物改築を強行した事例です。

<賃貸人の拒絶を無視して改築した→信頼関係破壊>

あ 事案|例

賃貸人が建物の改築の承諾要請を拒絶した
賃借人は,賃貸人の中止要請を無視して改築を実行した

い 裁判所の判断

信頼関係が破壊された
※最高裁昭和39年6月19日

5 用途外使用×信頼関係破壊

『建物建築は借地範囲内にとどめる』という当然の『用法』を無視して建築したケースです。

<対象物の用途外使用→信頼関係破壊>

あ 事案|例

借地人が隣接する所有地に越境する建物建築をした

い 裁判所の判断

借地の用法違反である
信頼関係が破壊された
※最高裁昭和38年11月14日
※東京地裁昭和63年12月5日
※東京地裁平成3年7月9日